送り火の日の雑記

こんにちは。

地元の代表、愛工大名電の夏が終わりました。

今日の朝はいつもより少し早起きして犬の散歩やごはん、猫トイレ掃除や猫ご飯の支度を早めにすませました。

大急ぎで家事をすませて8時と同時にテレビ前にスタンバイします。

「頑張れー、愛工大名電!」

あああ~、、がんばって応援したけど結果は残念でした。

エラーとかもあったし、報徳学園ほどの強者がそれを見逃すはずないし、しかたがなかったね。

初戦はあの話題の白山高校と対戦し注目を集めたし、ハイレベルな応援団、ブラスバンドも聴きごたえ抜群でした。 Deep Purple やってましたよね!

愛工大名電は激戦の愛知県予選を勝ち抜いて甲子園への切符をもぎ取った強豪校。それを誇りにしていいよ。胸張って帰ってきてください。

来年も応援するよー。

昨日は午前中にお墓参りに行ってきました。猛暑が少しおさまったとはいえまだまだ暑かったです。そのあと母親と姉と合流し、お寿司と刺身でビールをいただきました。お盆らしい1日を過ごせました。

そして、今日でお盆も終わり。送り火の日。

お盆で戻ってきてたご先祖様も今日またあちらへ帰って行かれるんですね。

この歳になって恥ずかしくも初めて知ったのですが、お盆の行事って日本古来の祖霊信仰と仏教が融合したものだそうです。私は勝手に仏教行事だと思ってたのですが、実際は仏教が伝来して日本の社会に広がるずっとずっと以前から信仰として日本に根付いていたんですね。

私が見送った今は虹の向こうの猫さんたちも来てくれたかなあ。

お盆だから来てくれますよね。そんなに霊感ないので感じないのでしょうか。それとも、みんな優しい子ばっかりだから、脅かさないようにしてくれているのでしょうか。私がびっくりしないように。びっくりさせてくれても全然大丈夫なんですけどね。

私が好きな猫マンガ「俺、つしま」の中でとても好きなシーンがあります。

最年長のズン姐さんが大往生で旅立った1年後、残ったつしま、ちゃー、オサムはズン姐さんの言いつけを守り、平和な日常が流れます。

「ねえさんはいろんなところにいるよ。」

晴れた空を仰ぐつしま。空にはズン姐さんの形をした白くきれいな雲が浮かんでいます。

目で見えないから、触って感じないから、だから何もいないじゃなくて、いろんなところにいるんだと思います、ほんとは。私たちはただ感じればいい。

おまけは数日前の今池の夕空。少しだけ夕暮れが早くなりました。

 もっと鮮やかな夕暮れだったんだが。