「注文の多い料理店」を再び読んでみた

こんにちは。

朝、携帯をいじっていて今日8月27日は宮沢賢治の誕生日だと知りました。

宮沢賢治作品って、中学生の時に読んだなあ、と懐かしく思い出しました。読書感想文を書くために読んだ人も多いと思うし、私は「銀河鉄道の夜」とか「セロ弾きのゴーシュ」とかいくつか読んだ記憶があります。

当時読んだ宮沢作品に抱いたイメージは、とにかく幻想的で非日常の世界がどんどん展開する感じで、おまけに猫とか熊とか動物がフツーに登場してくるという「なんだか不思議な世界」でした。その一方で宮沢賢治の代名詞「雨にも負けず」みたいなド直球作品もあるわけで、感受性が平凡な中学生の頭の中は混乱するばかりでした。

そういえば、「注文の多い料理店」には犬や猫がでてたな。でもこの作品も日常を突き抜けたような設定でなんだか風変りな印象が強く、当時の私にはこの作品に込められた賢治のメッセージが理解できませんでした。

もう一度読んでみようかな。You Tube でみつけたので賢治生誕の日に朗読を聴いてみました。

日本を代表する作家としてあまりにも有名な宮沢賢治ですが、数々の名作が出版されたのは彼の没後でした。「注文の多い料理店」を表題作とする短編集が生前に出版された唯一の作品でした。彼はたくさんの名作が世に認められる前に亡くなっていたんですね。

2人の若者が(たぶん裕福)山へ猟をしにきました。ところが猟はさんざん、連れてきた猟犬も泡を吹いて倒れてしまいます。疲労困憊して空腹な2人は山の中に突如現れた洋館「山猫亭」を見つけ入ります。「何かうまいものをただで食わせてくれるに違いない。」根拠のない期待をもって。

この山猫亭、2人に次々と奇妙な注文をしてきますが、2人はその意味に気づくどころか自分たちに都合よく解釈して、注文に応えていきます。

最後の注文「自分の体に塩をたっぷり塗り込んで。」のところで2人はようやく気づきます。猫たちの策略で自分たちが食べられるてしまうことを。

もはや絶体絶命のところへ倒れたはずの猟犬が乱入し、2人は命からがら逃げだすことができました。ところが2人の顔は恐怖でくしゃくしゃになり元に戻ることはありませんでした。

以上があらすじでした。でも実際読んでみたほうがわかりやすいと思います。

中学生の頃はこの物語の意味やメッセージがわからずに消化不良のまま終わってしまいましたが、歳を重ねた今読んでみると「ああ、そうなのか。」と思えることができました。

裕福でインテリのはずの若者2人が、立派な洋館という権威の前では何でも信じてしまい従うということへの痛烈な皮肉であり、その滑稽やばかばかしさを暴いています。

宮沢賢治の実家は裕福な質屋で、彼の学業も豊かな生活も実家の繁栄が土台であるわけです。しかし彼は、実家の裕福さは農民たちの貧困や犠牲の上に成り立っていることに嫌悪感を抱き、その苦しい心情を物語の若者2人への皮肉と言う形で表現したのでは、と感じています。

また、物語の冒頭、2人で獲物が殺される様をおもしろおかしく語り合うシーンがあるのですが、殺生する側がなんと殺生される側になろうとしている逆転劇も、かなりキツイ皮肉だと思います。

動物や自然、すべての命あるものとの共生を望んだ宮沢賢治のヒューマニズムがこの物語にも流れていました。

何十年ぶりの「注文の多い料理店」でしたが、また読むことができてよかったと思っています。

賢治が東北の飢饉のときに書いたと言われる「雨にも負けず」はもちろん好きですが、

名言「世界ぜんたいが幸福にならないうちは、個人の幸福はありえない」(農民芸術概論綱要)も大好きです。

なんだか少し背筋が伸びるような気分です。

宮沢賢治が生きた時代から100年近く経っていますが、もし彼が今の時代を生きていたとしたら、犬や猫、動物の状況をどのように描いてくれたでしょうか。今も残る写真の、あの真っ直ぐなまなざしをみるたびに思います。

宮沢賢治の名言集