人にも猫にもやさしいカレーの話

こんにちは。

外を歩くとき、耳先をカットされた猫を見たこと。ありませんか?

その猫はカットされた耳の形状から「さくらねこ」とよばれています。

 さくら耳は不妊手術済のしるし。

外で暮らす猫が増えると、糞尿被害の問題や行政による殺処分の問題も増えます。問題解決のために、繁殖力の強い猫がこれ以上増えないように「TNR」が近年熱心に取り組まれるようになりました。 TNRとは、

外猫の捕獲(Trap)

避妊去勢手術を施し(Neuter)

元の場所へ戻す(Return)

Trap(捕獲)、Neuter(手術)、Return(戻す) のそれぞれの頭文字をとってTNR。 TNR活動で避妊去勢手術を受けた猫は元の場所で「地域猫」として一代限りの命を見守られることになります。

耳にカットが入った「さくらねこ」は避妊去勢済みとして認識されます。これは既に避妊去勢済の猫がふたたび捕獲されて麻酔や開腹されたりすることを防ぐためです。なにか印がなければその猫が手術済みなのかどうかわかりませんものね。

そんなTNR活動を支援する、人にも猫にもやさしいカレー「さくらねこカレー」が7月に発売され、話題となっているみたいです。

さくらねこカレー 1袋600円(税込み)

発売元は元祖猫商 丸山商店さんです。なにやら楽しい店名ですね。店長の丸山さんは猫関連の商品販売を通じて長年猫のための活動の支援をしておられる方のようです。

 2017年のヒット商品「さくらねこクッキー」

HPのトップに「丸山商店でお買い物をすると、売上の1割が寄付となり不幸な猫を減らす力となります。」とあり、猫に対する愛情や社会貢献への心意気を感じます。

もちろんこの「さくらねこカレー」も売上の1割、1パックにつき60円が公益財団法人どうぶつ基金さんに寄付され、全国でのTNR活動の資金となります。

このカレー、猫に優しいだけではないんです。人にも優しい。

肉類、動物性油脂、増粘類、化学調味料、砂糖、小麦粉、が不使用!

イメージとしてはベジというかオーガニックな感じでしょうか。サラッとしてて、でもスパイシー、猛暑で疲れた胃腸にやさしいカレーだと予想します。

私もサラッとした野菜ベースのカレー大好きなんです。ぜひ購入して試してみたいです。

たしかに1人分1パック600円(税込み)というお値段は決して安くはないけれど、おいしいカレーを食べて、売上の1割が間接的に殺処分ゼロへの協力となるって素敵なことではないでしょうか。

「さくらねこカレー」は発売後1週間で200パック以上を売上げ、すでに雄猫6頭分の避妊去勢費をどうぶつ基金さんに寄付したそうです。

さすが丸山店長さん、仕事はやっ!

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫バッグを買ってきた

こんにちは。

誘惑に負け、買いに行ってまいりました。猫バッグ。

8月8日(水)10:00 開店直後のイオンタウン千種 カルディコーヒーファームさんの店頭です!

イオンタウン千種 カルディコーヒーファーム

 

10:00開店直後

開店直後の様子です。もうすでに猫バックお目当てのお客様が4~5人いらっしゃってます! 手にとってはつぎつぎとご購入。

 ポスターもカラフル

「猫の日の猫バッグいかがですか? 本日限定販売ですよ。」

カルディのスタッフさんに声をかけられたのをいいことに、ちょっとインタビュー。

この猫の日バッグ、とても好評で昨年2017年8月8日には午前中で完売。今年はネット予約分は完売、実店舗で購入するしかないようです。しかも1人2バッグまでという限定販売。

イオンタウン千種のカルディコーヒーファームでは150バッグ用意しているので比較的買いやすいのでは、でも今年も午前中に完売しそう、とのことです。

お話を伺っている間も、ひとつ、ふたつとお客様が買われて行きます。

売切れちゃったら困るのでさっそく私も2バッグ購入、事務所へ戻りました。

イオンタウン千種で自転車置き場へ戻ろうと食料品売り場の通路を歩いていたら、なにやらすごい行列を発見! すごいなあ、銀だこ。

あとで調べてみたら、8月8日は「銀だこの日」で先着88名様に限り一皿88円で販売されていたようですよ。あの行列にも納得です。

でも、行列に並んでいる時間も体力もないので素直に帰りました。

 保冷バッグ つしまさんを添えて

 ピーチティー

猫バッグの中身、ピーチティーバッグ、包装がかわいいです。

クリアボトル(500ml)、パウンドケーキ、猫のボーロ。

お菓子やティーバッグもすごくかわいくて食べるのもったいない気がしますが、でもあっという間に食べちゃいます、きっと。

次の「猫バッグ」は来年の2月22日の猫の日にでしょうか。

冬バージョンの猫バッグも楽しみです!

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

すべての猫に幸せあれ 世界猫の日2

こんにちは。

昨日の続きです。世界猫の日にちなんだ何か、とはまったく違った、、個人的な話になってしまってごめんなさい。

そんなわけで、ある日突然「みい」はうちへやってきました。その日のうちに大慌てでホームセンターに出かけ、トイレや猫砂、爪とぎ、キャットフードを買いそろえました。

(猫を拾ったときには届出や動物病院などやるべきことがいくつかありますが、それについては改めて書きたいと思います。)

「みい」は子猫らしく活発に動き、遊び、おいしそうにキャットフードをたくさん食べ、トイレもちゃんと使える子でした。

すでに4歳の成犬となったちろは、まとわりつき、ちょっかいを出してくる子猫に戸惑いつつも「しかたないな。」とあきらめ顔で大人の対応をしてくれました。

お腹がいっぱいになってスヤスヤ寝ている姿をみると、みいを捨てた犯人は許せないけど、子猫と暮らすっていいな、みいと出会えてよかったな、幸せな気持ちに包まれたことを今でも憶えています。

もともと動物が好きだったので、これでめでたし、楽しい人生!のはずでした。でも、心の中でなにかがひっかかり、気になりだしました。

名古屋市愛護センター出身の雑種ちろ、近所で捨てられていた雑種みい。

いくつかの幸運がうまく重なって、自分の住処をみつけたこの子達。

でも、そうでない子達は? そうでなかった子達は?

調べました。多くはネットで。新聞やテレビ、書籍でも情報は得られました。

保健所に収容された犬や猫、飼い主がいない外で生きる猫たち、かれらの運命は過酷で悲しくて辛いものでした。

いろいろ考えたけど、答えなんかでません。で、決めました。

どんなに小さくてもいいから、できることはやってみよう。「みい」みたいに捨てられて鳴いている子がいたら保護して里親を探そう、どこかで災害があったとき、動物のための募金があれば少しでも寄付しよう、どこかの保護団体が人手不足で困っていたら、お手伝いに行こう。

「やること、やれることはたくさんある。」 かわいそうだって泣いていても、世の中なにも変わらないものね。

それからはできることを少しずつやっていきました。まずは子猫や捨て猫を保護して里親さんを探すところから始めました。年に1~2匹というスローペースですけどね。1日で情が湧いてしまって、里親様にお渡しするころにはほとんど涙目でした。

その数年後、ある保護団体さんのお手伝いに行きました。

愛知県のある猫ブリーダーさんが多頭飼育崩壊に陥ってしまい、60頭近い猫が飼育放棄されました。その子たちを全頭引取った団体さんがあって、そこへお手伝いに行きました。当時も平日は働いていましたので、土日だけですが。まあ大変でいろいろあったけど、すごく貴重な経験をさせてもらいました。

多頭飼育崩壊の過酷な現場からレスキューされた猫たちは、日を追うごとに健康と落ち着きを取り戻し、それぞれが個性的で、かわいくって、魅力的で。

ネットなどで拡散されたため、里親探しも順調に進みました。

「猫のために」と努力を惜しまないボランティア仲間、里親希望を申し出てくださった多くの方々、快く支援をしてくださった方々、ネットなどで拡散協力してくださった方々との出会い。

貴重な経験と素晴らしい出会いはまぎれもなく私の大切な財産になりました。

振り返ってみれば「自分がしたこと」よりも「自分がいただいたもの」のほうが大きかったことに気付きました。

そして、「自分がいただいたもの」の大きさに感謝し、いつか「お返し」をしなければ、と考えるようになりました。

これから始める仕事を通じて「お返し」していければ、と思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すべての猫に幸せあれ 世界猫の日

こんにちは。

今日はツイッターでは猫さんたちへの祝福が止まらないようですね。

#世界猫の日 です。

犬派か猫派かという議論がよくありますが、私自身はもともと犬派でした。

子供のころ、実家では犬を飼っていました。クロという雑種の雄でした。

その後、犬にも猫にも縁がない年月が続きましたが、18年前、子犬がうちへ来ました。名古屋市愛護センターから迎えたその子犬は雑種の雄で、「ちろ」と名付けました。名古屋市中川区の神社で保護された子犬だと聞いています。おかげさまで長生きできて、かれはこの秋が来たら18歳になります。

私は雑種の「ちろ」がかわいくてたまらず、このまま私は犬派として人生を歩み続けるものだと思っていました。「ちろ」が家にきてから4年後に捨て猫を拾うまでは。

「ちろ」が4歳を迎えた秋の初めのある日曜日のことです。

午後の4時ごろ、私は近所のスーパーへ出かけました。家を出てすぐ気づいたのは、うちからすぐ近くの家の前に置かれたプラスチックのケースでした。

そのお家は1階を店舗貸ししてたんですが、当時は空き店舗になっていました。

空き店舗の入り口に置かれていたのはスーパーのカゴを小ぶりにしたサイズのプラスチックケース。ふたがはずれないよう、ひもでくくってありました。その横に猫缶3個パック、猫じゃらし、ねずみのおもちゃ、タオルが置いてありました。

「にゃー」中からは子猫の鳴き声が聞こえます。

通行人は多かったけれど、みんな子猫の鳴き声に一瞬足を止めては何もなかったようにまた歩き出します。面倒くさいことに関わるのを避けるかのように。

「その箱(プラスチックケース)、お昼ぐらいから置いてあるよ。」

通りがかりの人が教えてくれました。みんな見てるのに通り過ぎるだけ。

プラスチックケースのふたをずらしてみると、やはり子猫でした。

「にゃー」その声はすでにかすれていました。何時間も鳴いてたんだね。怖かっただろうに。

私はその建物の階上に住む家の人に伝えに行きました。お宅の敷地内に捨て猫されたと。そこで帰ってきた返事は、

「そのままにしておいてください。保健所に電話しときますので。」

返事は大体予想してました。猫好き家族でもなければだいたいそうなるんだろうとわかってました。私は「あの捨て猫」はうちで預かると伝え、その子猫をうちへ連れて帰りました。

そうしてサビ柄の子猫「みい」はうちの子になりました。

 

 

「捨て猫」を拾ったらやるべきことがいくつかあります。たとえば届出だとか、動物病院へ連れていくとか。

突然子猫を連れて帰ったものの、なにをするべきか、知識はありませんでした。猫の保護に詳しい知り合いに連絡したり、ネットを検索して、ひとつずつ解決していきました。

そのときのことは、またいつか改めて書きたいと思います。

今日はもともと犬派だった自分が突然猫を飼うことになり、そこから日本の猫の現状をいろいろ知るようになり、猫ボランティアを始め、最終的に猫を飼う人のための不動産屋を始めることになったきっかけを書こうと思いました。

でも、少し長くなったので続きは明日でよいでしょうか。

今日は「世界猫の日」。 家の飼い猫さんも、外の猫さんも、日本の猫さんも、海外の猫さんも、すべての猫に幸せあれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

カルディの猫バッグ

こんにちは。

明日8月8日は「世界猫の日 (World Cat Day)」です🐈

日本では独自に毎年2月22日を「猫の日」と定め、「猫といっしょに暮らせる幸せに感謝して、猫とともにその喜びをかみしめる日」としています。

猫好きとしては1年365日が「猫といっしょに暮らせる幸せに感謝して、猫とともにその喜びをかみしめる日」でありますから、「猫の日」が特別って感じはしないのですが、さすがに「世界猫の日」ともなると少しだけ気が引き締まり、気合が入るような気がします。

そんな「世界猫の日」にカルディが毎年恒例の「世界猫の日 猫バッグ」を限定販売します。

 カルディ 猫バッグ

発売日は2018年8月8日(水)。実店舗でおひとりさま2バッグまで。売り切れ次第終了とのことです。1500円(税込)

内容は猫モチーフの保冷バッグ、パウンドケーキ、ピーチティー、猫ボーロ、クリアボトル。

かわいいです。ほしくなります。

昨年も好評完売だったみたいです。

ネット見てたら「売切れだった。」「ギリギリで買えた。」「余裕で買えた。」と、いろいろな書き込みがあるので、店舗しだいなのかもしれません。

暑さもまだまだ続くし、この保冷バッグ使えそう。

明日買いに行こうかな。

 

 

 

 

8月6日

こんにちは。

今日は8月6日、「原爆の日」です。

平成最後の「原爆の日」。

来年は新しい元号での「原爆の日」。

73年前の今日の朝8:15、広島に原爆が投下され、一瞬のうちに10数万人の尊い命が奪われてしまったこと。

その日の広島も今日みたいに暑くて、朝から晴れた日だったんだろうか。

その日の朝の広島に思いをはせるとき、人間同士の戦争に巻き込まれ、命を落としたたくさんの動物、犬や猫たちのことを思わずにはいられません。

戦争や大災害で多くの人間が犠牲となるとき、人的被害はのちに詳しく調査され、発表されるけど、動物に関しては、残念なことにほとんどないです。

多くの人が動物のことを心配しているとしても、「人間がたいへんな窮地のときに動物どころではない」みたいな、ふれてはいけないような雰囲気もあります。

かれらは言葉を持たない生き物。どんなに悲惨なことがかれらの身に起こったとしても、かれらが語り部として後世に伝えることはありません。

だけど、

かれらはどこかでだれかと共に生きて、どこかのだれかの大切な存在であったはずです。今、私たちが犬や猫やほかの動物と暮らす幸せが、あの時代にも同じようにあったはず。

戦争は私たちから大切なものを簡単に奪い去る。

何気ない日常のなかの幸せ、あたりまえのように存在してた幸せも、すべて容赦なく奪っていく。

あの日、73年前の広島の朝、奪われたのは10数万人の人間の命だけではなく、動物や自然、命あるものすべてが理不尽にその生を絶たれたのだということを忘れずにいようと思います。

 

 

 

 

 

はじまりは2匹

こんにちは。

昨日ご紹介した名古屋市愛護センターでの譲渡会、参加された方はいらっしゃいましたでしょうか。名古屋市北区の市営住宅の猫さんたちは参加してたでしょうか。

 7月29日名古屋市愛護センター譲渡会にて

今年の6月11日、名古屋市北区の市営住宅に住む女性が自室にて多数の猫を飼育し、近隣住民に迷惑をかけたとして強制退去となりました。

テレビ、ネット、新聞、いろいろな媒体で、大きく報道されたこのニュースは、まだ私たちの耳に新しいことと思います。

女性の強制退去と同時に名古屋市動物愛護センターに保護された45匹の猫たちはどうなったのか。

愛猫家で知られる松井大阪府知事がこのニュースに心を痛め、河村名古屋市長へ助命を求めるメールを送り、結果トップダウン的に45匹の猫たちは殺処分をまぬがれました。そして愛護センターの職員が猫たちの健康状態や人慣れ具合を確認しつつ、譲渡会などによる里親探しがスタートしたそうです。

収容数キャパシティーがギリギリなこの時期の動物愛護センターへこれだけの大所帯が入所、空いていた犬用スペースで対応したとのことです。が、同じ時期に収容されたほかの猫たちはどうなったのだろうか、収容数越えということで殺処分になった子たちがいるとすれば、ほんとうに心が痛みます。

愛護団体さんに譲渡するとしても、この時期の愛護団体さんはいちばん大変な時期を迎えてるし(子猫とかでいっぱいいっぱい)。

「最初は2~3匹だったと思う。」

テレビのニュースの中で、近隣の方々へのインタビューでそうおっしゃる方が数名いました。

そう、最初は2~3匹だったのに気がつけば数年で多頭飼育崩壊。最初に避妊去勢手術をしておけばこんなことにはならなかったのに。

猫が好きで、たぶん拾ったであろう最初の猫。ほんとうは善意の人なのだと思う。たぶん。

でも、猫好きならだれでもしている、簡単なやるべきことを怠ったために、近隣の人々に大迷惑をかけ、市営住宅の部屋を傷め、自身は部屋を追われ、増えた猫たちは殺処分寸前でなんとか救われた。

最初が大事。自分も、周りの人々も、そして自分の猫も、だれも不幸にしないために。

2年近く前になりますが2016.11.15にNHKのクローズアップ現代(総合月~木 PM10:00)で多頭飼育崩壊の問題が特集されていました。

2年前ですでに年間1800件の多頭飼育に関する苦情があったそうです。そして相談件数は減ることなくどんどん増えているという現状。

クローズアップ現代の番組の中では「はじまりは2匹、でも数年で80匹」という衝撃の案件も報告されています。

だれでも「はじまりはⅠ匹」「はじまりは2匹」ではないでしょうか。最初から多頭を引き受ける人なんてそういないと思います。

人によって適切な飼育数は違うかもしれませんが、、多頭飼育は負担も大きいです。健康状態のチェック、それぞれに愛情をかけること、時間的にも経済的負担も大きい。

「はじまりは2匹」のときにできること、やるべきことの大切さを感じます。

 

 

 

 

 

 

譲渡会情報 2018-8月第1週

こんにちは。

今週末に名古屋市動物愛護センターで譲渡会があります。

8月4日(土) 14:00~16:00

 熱い思いを受け止めろ!

行政主催の譲渡会らしくない(?)ポスターがかわいいです。

先週の7月29日にも動物愛護センターで譲渡会があったそうです。

今年の6月には名古屋市北区の市営住宅に住む女性が猫の多頭飼育崩壊で強制退去になりました。そこで保護された30頭の猫のうち9頭が譲渡会に参加したそうです。

良いご縁よ、つながれ!

北区の市営住宅の猫さんは今回も参加かしら。

今度こそ幸せになれ~。

 

 

猫カフェのパルボ問題で動物取扱業について考えてみた

こんにちは。

昨日の「猫カフェ MOCHA 立川店の猫パルボウィルス感染」の件ですが、情報が更新されました。

8月2日夜、猫カフェ MOCHA はHPで立川店のみでなく関東全店の臨時休業を発表、今回の感染の経緯を説明するとともにお詫びの文を掲載しました。

遅すぎる対応でした。

店側の対応が悪かったのがいちばんなのですが、早い段階で行政が介入して営業停止にできないという現在のシステムも問題ありかな、と思います。

猫カフェ問題から少しずれるかもしれませんが、数年前から疑問に感じていた動物取扱業の問題のひとつにふれたいと思います。

動物取扱業を開業するにあたっては「動物取扱責任者」をおかなければなりません。

「動物取扱責任者」って、なんだかきちんとした資格持った人しかなれないような響きがするんですが、実はそうでもないんです。

この「動物取扱責任者」になるためには、次のいずれかが必要になります。

  1. 指定の教育機関を卒業する、
  2. 指定の資格を保有する。
  3. 動物取扱業での6ヶ月の実務経験

私は問題は3.だと考えています。たとえば、AさんとBさんがいたとしますね。

Aさん:動物取扱業を開業したいが指定の資格を持っていない。

Bさん:指定の資格を持っている。

そして、

AがBに動物取扱責任者になってもらうよう頼む。BがOKする。

Aが第一種(あるいは第二種)動物取扱業の登録をする。Bが動物取扱責任者となり、動物取扱業を開業。

6ヶ月が経過する。

第一種(あるいは第二種)動物取扱業での6ヶ月の実務経験をもって、Aは動物取扱責任者となることができる。動物取扱責任者はB→Aとなる。

実際によくあるパターンです。Aは指定の動物関係の資格や知識を持たずして動物取扱責任者となり、動物取扱いのプロを名乗るわけです。

人間の医療や介護ならば職務に関わる人の資格は厳しく定められており、少なくとも資格を持たず「6ヶ月の実務経験をもって」責任者になるようなことは絶対にありえません。

不動産業界だって専任の宅地建物取引士がいなければ開業も店舗の経営もできません。

動物取扱業界はゆるい。資格も知識もなく、動物に愛情のない人がブームにのって儲けたいだけでビジネスを始めると良くないことがいろいろ起こると思います。今回の猫カフェの猫パルボウィルス感染、というか感染発覚後の対応をみていると、現状の動物取扱業の法規制を見直してほしいと願うばかりです。

あくまで私個人の考えを書かせていただきました。

現在の日本での犬猫飼育数は15歳以下の人口を大きく上回っています。

もはやマイナーな存在ではない。

もっとまじめに考えるときが、かなり遅いと思うけど、きていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京の猫カフェで猫パルボウィルス感染

こんにちは。

悲しくてつらい、そして怒りでグラグラするような出来事がありました。

東京都立川市の猫カフェ「猫カフェMOCHA  立川店」で猫パルボウィルスの感染があり、猫数頭がすでに死亡しているようです。(8月1日現在)

猫パルボウィルスといえば、獣医師がもっとも嫌う、猫ボランティア関係がもっとも恐れる、こわい、こわい感染症です。

致死率が高く、伝染力もすごく強い。

猫ボランティアの経験ありますが、当時(そして今も)おそろしくて、いちばん聞きたくない言葉が「猫パルボウィルスとFIP」でした。

普通にワクチン接種していればそんなに恐れることはないんですが。

動物病院へ行って「ワクチンお願いします」で三種ワクチン打ってもらいますよね。あれです。三種のなかに入ってますので。三種で予防できる感染症は、

  1. 猫カリシウィルス
  2. 猫ヘルペスウィルス(猫ウィルス性鼻気管炎)
  3. 猫汎白血球減少症(猫パルボウィルス感染症猫伝染性腸炎)←これです。

未接種の猫、ワクチン打ったけど抗体ができてない子猫、体力が極端に落ちた老猫などは感染の可能性があります。やっかいなのは消毒がとにかくむつかしいこと。アルコールや熱湯ではウィルスは死滅しないようで、塩素系漂白剤で一定時間消毒しないとだめらしいです。また、ウィルスは数か月間~Ⅰ年生きていることもあるそう。

こわいです。本当に。

そんなこわい病気が発生したというのに猫カフェのオーナーは営業続行を指示したようです。スタッフさんが悲惨な現状をSNSに投稿したことによって事態が発覚しました。必死の内部告発だと思います。

これをうけて、他の猫カフェからは二次被害を防ぐため「猫カフェはしご」を控えるようSNSを投稿。

 

また、東京最大手の保護団体東京キャットガーディアンの代表さんもTwitterで渦中の猫カフェのスタッフたちに何度も呼びかけました。

その後同日中に「猫カフェ MOCHA 」はHP上で立川店の臨時休業を発表。しかしもっとも重要な休業理由が猫パルボウィルス感染であることには触れませんでした。二次被害が心配されるなか、ありえない対応です。

と、ここまでが現在わかる情報です。(8月1日現在)

猫カフェ MOCHA って名古屋にもお店があるし、東京で多店舗展開中ですよね。

問題の立川店は7月18日に開店したばかり、8月には銀座店がオープン予定のようです。

なんだか、猫の飼育や健康に対する知識がなく、猫への愛情ない人がトップになってイケイケのビジネス展開をすると、こういう結果をまねいても不思議ではないというか、そう感じました。

亡くなった子猫たちは、どんなに詫びても謝っても戻ってきません。最後までお世話をしたスタッフの方は本当につらかったと思います。

そして、風評被害。

猫を愛し、日々懸命にお店を運営する全国の猫カフェさんに風評被害が及びませんように。まじめなお店は猫にきちんとワクチン接種させていますし、ワクチン未接種や抗体のできていない子猫をフロアーに出したりしませんから。

上の東京キャットガーディアンの代表さんのツイートにもありましたが、この状態でも行政には強制力がなかったです。

ゆるすぎるよ、動物取扱業、、、。

ずっと気になっていた動物取扱業の問題のひとつを明日書こうと思います。

それでは明日。