台風で消防車とはしご車がきました(泣)

こんにちは。一週間ぶりの更新です。

この一週間いったい何をしていたのかと申しますと、、、7月後半から書いてきた40数記事を読み直し、誤字脱字の訂正→記事公開の作業を華麗にさっさと終わらせるつもりが、、、じつは大苦戦しておりました(汗)

文章ヘタクソなのはあたりまえなんですけど、なんだか意味不明な言い回しがあったり、句読点の打ち方がめちゃくちゃなんですよ。もちろん誤字脱字もあったし、とても凹みました。

国語能力は大丈夫か、きみは・・・。

はい、気を引き締めて、頑張っていきます、ふぅ、、。

そんな孤独の作業の続く中、台風21号が日本を襲いました。大阪をはじめ近畿地方が甚大な被害を受けました。そして名古屋でも相当な被害がでました。

遅れましたがみなさま、この台風でお怪我や被害はありませんでしたでしょうか。被害にあわれた方にお見舞い申し上げるとともに、1日も早く日常が戻りますように。

日本で生きるということは災害と共に生きるということだと、改めて思い知らされた1週間でありました。

そして私は、生まれて初めて消防車とはしご車のお世話になりました。💦

台風当日は午後5時30分ごろ、暴風と雨がおさまるのを待って帰宅しました。

玄関口まで戻ると、なにやら木片やらゴムの部品のようなものが散乱してる。

「???」と思って、周りを見回したり、上を見上げると、

「ま、まずい・・・。」

私のうちのベランダのフェンスにはステンレスパネル(アルミパネルかも?)がかぶせてあるのですが、その一部分が土台からはがれて、風にあおられ、ぶらぶらしてるんです!

家の前は広い歩道、歩行者も多い。

もし落下して歩道の通行人に当たったら、間違いなく大けがです。けがだけじゃすまない、たぶん。冷や汗がたら~と出ました。大変なことになった。焦る、焦る。

その問題の部分は手の届かないところでした。修理業者を呼ぶにも既に時間外。とにかく危ないので「119番」へ電話してみる。で、さすが「119番」すぐつながりました。状況を説明すると、

「わかりました~。じゃ、向かいます。え、時間?ちょっと言えないけど、向かいますよ~。」

消防車が到着するまで私は通行人に家から離れて歩いてもらうよう誘導。

そして40分後、消防車と作業車が到着。

本物の消防車が到着。

まさか消防車で来ていただくなんて思いませんでした。たしかに「119番」したけど、消防署の作業車で2~3人、と思ってたから。

しかも、もっとすごいことになりました💦

消防車から降りた隊員さん、問題のベランダを見るなり、

「あ、あそこですねー。はしご車がないと無理ですねー。今から手配しますからもう少し待っとってね。」

は、はしご車ですか?

たしかに高いところだけど、大ごとになってしまいました。しかも、この時すでに隊員さんは5~6人いるし。ご近所さん、通行人さんが集まってきました。

待つことさらに20分。はしご車も到着。そして少し遅れて交通整理の警察も到着。

はしご車での作業は1時間ぐらいだったでしょうか。ベランダフェンスの土台から外れたステンレスパネルを応急的に固定していただきました。

作業が終わったのは夜9時過ぎていたと思います。

消防隊員さんから作業の内容説明と近日中にきちんと修理する必要があるとのお話を聞きました。

10名を超える隊員さんにお礼を申し上げて見送ったのは、たぶん9時半ごろ。

来てくださった消防隊員さん、本当にありがとうございました。

ご近所のみなさま、ご心配とご迷惑をおかけしました。通行人のみなさま、道をふさいでごめんなさい。

問題の箇所に気づかず放置していたら、後でとんでもない事故になっていたかもしれません。考えるだけでも悪い汗が出てきます。

その前に気づき、たくさんの方の力で助けていただきました。まさに不幸中の幸いです。重ねてありがとうございました。

修理業者をみつけて依頼しないといけないんですが、台風の被害が大きかったせいか、難航しております。修理業者さんは今どこも忙しく、急ぎの対応は無理とのことなんですよ。ふぅ。

そんなこんなでブログを1週間休んでしまいましたが、またよろしくお願いします。