意外と楽しいEテレ『趣味どきっ!』の新シリーズは『不思議な猫世界』

こんにちは。

月曜日の夜9時30分ごろってテレビつけたら何を観てますか? ニュース番組、連ドラ、バラエティーが競合するゴールデンな時間帯、いちばん影が薄いであろう(ごめんね、Eテレ)NHK Eテレの新シリーズがちょっと楽しみなんです。

12月3日(月)からですよー。みてにゃ。

Eテレ 趣味どきっ! 新番組『不思議な猫世界』

12月3日(月) 午後9時30分スタート

不思議な猫世界[新]<全8回> 第1回「繰り返す猫ブーム」

Eテレの『趣味どきっ!』といえばスポーツ、読書、グルメ、音楽、旅行、美術からパソコン、ITなどなど幅広いジャンルに及ぶ現代人の趣味を個々にとりあげ、わかりやすく、かつ濃密にレッスンしてくれる番組、なのだそうです。

意外と楽しい『趣味どきっ!』

見たことあります。「カレーの世界」のときに見ました。今年ですね。

意外におもしろかったです。レッスンだとかまじめに構えなくても見て流すだけで楽しい。「カレーの世界」のときも、スパイス揃えて本格カレーを作りたい人から、自分では作らないけれど「へ~、こうやって作るんだー。」なんてちょっとだけ見たい人まで、もれなくみんなが楽しめるようにできてる番組でした。

前シリーズ『幸せのプリン』もなんだか楽しかった

12月3日(月)から新シリーズ『不思議な猫世界』が始まるんですが、その前の月曜日枠『幸せのプリン』もなんだか楽しかったです。とくにプリンを作りたいわけでもないのに、ついつい見てしまいましたもん。

なにが面白かったといいますと、この番組、ミニドラマ仕立てになってるんです。

講師である料理研究家のムラヨシさんと駆け出し俳優のコセキくんがルームシェアをしながらあんなプリンやこんなプリンを作る、作る、作る毎日という設定。

俳優志望のコセキくんは、自分の芝居になかなか納得できなかったり、オーディションでも結果が出なかったりして、当然悩んだり凹んだりします。

ダイニングテーブルで超落ち込んでいるコセキくんの前へ「ふわ~」(という感じで)と現れるムラヨシさん。いっしょにプリン作ろうとコセキくんを誘います。

「プリン作ろっか~。」

ふたりはあれこれ話をしながらプリンを作り、食べます。すると、あら!なんだか元気が出てきた。「よーし!次のオーディションがんばるぞー。」となるわけです。

とくに叱咤激励するわけではない、ムラヨシさんのゆる~い笑顔とアドバイスとおいしいプリンでコセキくんは元気を取り戻すんです。

まさに幸せのプリンなのだ。

私といえば、俳優ではなく料理研究家のムラヨシさんのぎこちない演技とゆるい雰囲気にくぎ付けで、プリンを作る予定もないのに毎週ついつい見てしまいました(笑)。

そんなんで意外と楽しいNHK Eテレの『趣味どきっ!』の新番組は『不思議な猫世界』、第1回は「繰り返す猫ブーム」です。猫ブームは平安時代にも江戸時代にもあった!時代とともに変化する人と猫のかかわり方、楽しみですー。

ニュースや連ドラ見られる方は録画視聴でしょうか。それではよい週末を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きじとら老犬介護日誌5 防寒用のちゃんちゃんこを買いました

こんにちは。

11月8日の記事でうちの18歳老犬の防寒服を考える、と書きました。その後お試しでちゃんちゃんこを買い、ずいぶん慣れてくれました。防寒服、買ってよかったと思います。

11月8日の記事はこちらです。 → きじとら老犬介護日誌4 老犬の防寒用の服を探そうと思う

NHK NEWS WEB 『長寿も楽じゃないワン』

ちょうど同じころにNHKのWebニュースでも「犬の服」のことが取り上げられてました。記事はこちらです。 → NHK  NEWS  WEB  『長寿も楽じゃないワン』

2005年ぐらいから犬に服を着せる人が急増したこと、そのきっかけは人気タレントさんたちが飼い犬にかわいい服を着せてメディアに登場したことらしいです。。

そうでしたね。10年ちょっと前ぐらいから洋服を着たワンちゃんの散歩姿を街でよく見かけるようになりました。デザインとかどんどん増えて、最近は小型犬の洋服ってびっくりするぐらい種類ありますね。

ネットでは、「かわいいうちの子をよりかわいく見せるために着用させる派」や「喜んでいるように思えないしかわいそうだから着せない派」、「犬も高齢化しているので防寒・介護のため着せる派」などなど、いろんな意見が飛び交っているようです。

私は今まで犬の洋服に興味を持ってなかったし、むしろ夏の暑い時期に小型犬が服を着ているのを見て心配になるぐらいでした。熱中症にならないのかなあ、って。

うちの老犬は雑種でダブルコート(2重被毛)、秋になるとじっくり冬毛を蓄え、春になるとごっそり抜けます。だから若いころは洋服のことは考えませんでした。

でも、18歳を迎え、「防寒としての洋服」を考えるようになりました。

日本動物福祉協会の特任理事で獣医師の兵藤哲夫さんは、ペットの犬たちが高齢化していることに触れたうえで、こうおっしゃってます。

「犬は年をとると、体重が落ちてやせて寒さを感じやすくなる場合があります。それでも体力維持のためには、外で散歩する必要があるので、そのときは服を1枚着させてあげることも大切です。」

老犬の防寒用の服を買いに行きました

ということで買いに行ってきました。
行く前に、胴回り、首回り、着丈をメジャーで測ります。だいたいこの3か所を測っておけば大丈夫みたいですよ。
18歳にして服デビュー、なのできっと嫌がると思う。まずは「ちゃんちゃんこ」を選びました。着せるのも簡単、前足を通して前ひもを結ぶだけ。はおるだけなので締め付け感がなくていいかな。
着せてみる。
やっぱり嫌なのか、うずくまり、動かなくなる。体調悪いか?

やっぱり初日は機嫌悪くなりましたが、3日もすれば慣れてきました。服を着れば暖かいということがわかったかな。

服のサイズもなんとなくわかったし、服にも少し慣れてきたので、もう1枚買おうと思います。洗い替えも必要だしね。

つぎもモコモコの暖かい服にしようと思っています。それではー。

 

 

 

 

 

猫を飼うと99.7%幸せになるという調査結果

こんにちは。

猫を飼うと“99%”幸せになる、という調査結果があるそうです。おおお。

猫を家に迎えて、日々をいっしょに過ごし、育まれる幸福感。わかります!私も14年前ある日突然捨て猫を家族にして、未経験の混乱の中でいっしょに過ごしてきましたが、いただいたものは柔らかな幸福感でした。

そして、最近はまた猫のことでささやかな幸福感に包まれております。

それは、

11月1日の記事で飼い主さんを亡くした8匹の猫の世話をお手伝いしていると書きました。その記事はこちらです。→ 猫との距離はゆっくり縮める 靴にスリスリした猫

通い始めて早いもので2ヶ月以上経とうとしています。行くのは1週間のうち4~5日ぐらいかな。

最初は押入れや天袋に隠れて姿も見せてくれなかった猫たち、だんだん私の前に出てくるようになりました。

そして2ヶ月経過、今では私がいても自由に部屋の中を動き回り、ご飯を食べ、トイレをするようになったー。

「ちょっとー、来るの遅いよー。どこでさぼってたの?」

「ちょっと、おやつちょうだいよ、今日は焼カツオね。」

「早くトイレの掃除してほしいんだけどさ。」

「そこの猫じゃらし振ってくれたら遊んであげてもいいよ。」

慣れてくると、どんどん表情豊かになり、おしゃべりになりますね。そうなってくると可愛くってしかたがない。

これが幸福感の始まりかな。

親しくなると最初のころの緊張がなくなったのか、いたずらも増えてきましたが、それもお互いの距離が縮まったということで喜ぶべきか。

この柔らかくて温かい生き物がくれる幸福感にひたる、、、。

99.7%の猫の飼い主が幸福感を感じている

前置きが長くなってしまいました。すみません。

そうです。99.7%の猫の飼い主さんが幸福を感じているという調査結果があります。

ペット保険シェアNo.1のアニコム損害保険株式会社が猫のペット保険契約者に対し、自身と猫の健康状態やライフスタイルについての総合的なアンケート『nekokusei(ねこくせい)調査』(実施期間:2018年2月28日~3月8日、有効回が答数:4,036件)の結果を発表しました。

「猫と暮らし始めて幸福度が高まったか」に対しては「とても高まった」74.6%とと「高まった」25.1%で、合計99.7%という数字をたたき出しました。ほぼ全員の幸福感が高まった、ってことですよね。

猫を飼い始めれば日常のお世話もしなければならないし、医療費やフードのお金もかかる、外出時間も考えないといけない。メリットではないこともいろいろある。けれど猫が家にいるという可愛さや癒し、かけがえのない時間、というのはデメリットをはるかに超えてしまうのでしょう。

猫と暮らし始めて健康になる

そして「猫と暮らし始めて健康になったか」については「非常に健康になった」と「まあまあ健康になった」をあわせて50.8%となりました。

癒しがもたらす幸福感はストレスを和らげるし、猫のために自分も元気でいなければならないという気持ちは健康につながると思います。

幸福感が高まって、健康になれる、人間が猫と暮らし始めて得られる大きなメリット。

でも、ほんとは猫が元気で幸せでいてくれたら、それがいちばんの幸せなんですけどね。

それではー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

禅龍寺(東区)の紅葉をみてきました

こんにちは。よく晴れて紅葉が青空に映える1日です。

11月18日の記事で東区禅龍寺さん(東片端近く)の紅葉のことを書きましたが(記事はこちら)、そろそろ見ごろかな、と行ってきました。

画像は今日11月27日撮影です。

禅龍寺(臨済宗) 名古屋市東区飯田町36

見ごろを迎えました。小さなお寺ながら紅葉が有名のようで、この季節になると紅葉目当てのお客様がたくさんいらっしゃいます。今日はお昼に行ってみましたが、先客が何組もいました。カメラセットを揃えて撮影のお客様もいました。

入口から仏像様が見えます。

庭園風なのです。太陽の光が当たってきれいです。

同じ敷地内の樹々なのに葉っぱの色づき具合がちょっとづつ違います。それがまたきれいですね。赤と黄と緑が入れ混ざる美しさ。

今日はとても美しかったですが、見頃はまだ数日続くと思います。お庭もきれいでとても落ち着きますよー。それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

パクチーの値段調査 東区のスーパーマルキがダントツお値打ちでした

こんにちは。

パクチー買うならどのお店がお得か調べてみました。範囲は高岳・新栄あたり~今池あたりです。範囲が狭くてごめんなさいね。

パクチーはお好きですか? 2年前2016年には大ブームになりましたね。

パクチー専門料理店(東京でしたっけ)ができたり、食べ物屋さんはパクチー料理を取り入れたり、「パクチスト」(パクチー大好きな人)って言葉もでてきました。,

もともとパクチーってお料理に少し添えたり、パラパラとトッピングしたりと薬味のような使い方らしいのですが、2016年のパクチーブームのときはメイン料理に昇格してましたよね。テレビで見たんですが、パクチーサラダやパクチー鍋みたいなパクチーが主役!な料理もブームでしたね。なんだか日本中がパクチーに染まったような(大げさか、、)1年でした。

私はパクチーはそこそこ好きです。

生まれて初めてパクチーを食べたのは学生のときです。タイを旅行した時に食べました。今では手軽に食べられるタイ料理屋さんが街中にいくつかありますが、当時はそうではなく、タイへ旅行して初めてタイ料理を食べました。

調味料やスパイスが独特で癖があって、加えてパクチーのにおいがダメでしたー。なにか虫みたいなニオイがする、、、「カメムシみたい。」と言う人もいるらしいですよ。そして初めて食べたタイ料理は口に合いませんでした。

そんな残念なタイ料理やパクチーとの出会いでしたが、年月経ってみるといつの間にか好きになっていました。パクチーも全然大丈夫です。というかタイ料理にはパクチーが添えてないと寂しいと思うぐらいになっちゃいました!

パクチー好きなみなさま、家でもパクチー食べていますか? 私はときどき食べます。ラーメンやタイカレー(レトルトだけどね!)、チャーハン、麻婆豆腐にトッピングしたりします。

スーパーで買うパクチー、そんなに安くないですよね。小さな束で198円とかします。でも昔に比べて安くなったほうだと思います。パクチー人気で生産する農家さんが増えたのかな。

きじとら不動産調べ 近隣スーパーのパクチー価格

1束 198円(税抜) マックスバリュ 代官店 名古屋市東区代官町15-24

取扱いなし      マックスバリュ 今池店 名古屋市千種区内山1-5-15

1束 198円(税抜) イオンナゴヤドーム前店 名古屋市東区矢田南4-102-3

1束 198円(税抜) バロー車道店 名古屋市東区葵2-9-25

だいたいどこのスーパーも小さい1束が198円、というのが相場のようです。

ところが! 見つけました。相場破りのお値打ちパクチーを!

2束120円(税抜)です。

東区のスーパーマルキさんです。2束で120円、ということは1束60円、激安です。ほかのスーパーの1/3の値段じゃないですか。パクチー好きはマルキへGo!です。

スーパーマルキ 愛知県名古屋市東区泉2丁目10−1

月曜日 9時00分~19時00分
火曜日 9時00分~19時00分
水曜日 9時00分~19時00分
木曜日 9時00分~19時00分
金曜日 9時00分~19時00分
土曜日 9時00分~19時00分
日曜日 定休日

東区のおすすめスーパーマルキさんについては今年の8月26日にも書いています。お暇でしたら読んでみてくださいね。→ 記事はこちら

それではー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ボヘミアンラプソディー」は猫映画でもありました

こんにちは。

昨日は映画「ボヘミアンラプソディー」を観てきたことを書きました。

昨日の記事→映画「ボヘミアンラプソディー」は役者さんの熱演がすごかったです

そして明日11月24日はフレディの命日です。亡くなったのが1991年、早いものでもう27年も経ってしまいました。

ところで、「ボヘミアンラプソディー」は猫映画でもあるのでした!

映画の冒頭がいきなりフレディの飼い猫たちの食事シーン(それだけで涙)だったので嬉しい予感がしたんですが、その後も猫さんたちが要所要所で登場して芸達者なところを見せてくれました。

猫の撮り方がすっごくうまいんですよー。表情豊かで、なにか言いたげで。

フレディは誰もが知る、かなりの愛猫家だったようで、自宅にはいつも猫を飼っていて大切にしていたようです。

フレディの猫たちってどこから来たのでしょうか。映画に出てた猫たちも、サイトで見れる実際のフレディの猫たちも、純血種っぽい子もいるけど、普通の猫っぽく見えるんですが。

きじとら、茶とら、三毛猫、サビやペルシャっぽい子もいましたね、保護猫なのかなー。

映画の中でクイーンが海外ツアー中、フレディがホテルに着くなり自宅に電話をかけ、猫たちに話しかけるシーンがありました。あれ、本当なんですって。電話をとったメアリーさん(親友)が受話器を猫たちに近づけてお話をしていたようです。猫好きあるあるですね。

どんだけ好きだったかというと、こんな動画がありました。この三毛猫さんはデライラちゃんという名で、フレディは生涯最後のアルバムで『愛しのデライラ』という曲を彼女に捧げています(涙)。

猫と共に映るフレディがとても幸せそうで、、(涙)

映画の中に出てくる日本・親日家だったのね

映画の中にいろいろ日本が出てくるんです。フレディの自宅のドアに貼ってあるお寺(かな?)のお札、さりげなく伊万里焼みたいな器がおいてあったり、休日のフレディが日本の着物をガウン代わりにさらっとはおっていたり、親日家なんだなあ、と思わせるシーンがたくさんありました。

学生時代に大のクイーンファンの友達がいて、クイーン雑学をいろいろ(強制的に)教えてくれました。ブライアンがペンギン大好き、とかどうでもいい知識を(笑)。そのくせフレディが猫好きなことは教えてくれなかったぞ(怒)。

その彼女がクイーンが親日家であることも教えてくれました。

映画からはとんとん拍子に成功したような印象を受けますが(時間の関係だと思います、2時間17分内に納めないといけないからね)実際は成功するまでそこそこ時間がかかったようです。

クイーンがまだ下積みだったころに来日し、その時日本のファンがとても暖かく(実際は熱狂的に)迎えてくれて、とても嬉しかったんですって。それ以来親日家。情に厚いんですね、こっちまで嬉しくなる。

親日家過ぎて日本語の曲も作ってますよね

映画には出てこないけど『Teo Torriatte  (Let us cling together)』(収録アルバムは A Day at The Races 1976)という曲があります。イタリア語みたいだけど日本語で『手を取り合って』。

東日本大震災の復興支援チャリティーCD『Songs for Japan』にこの曲が収録されているのを憶えていらっしゃる方も多いのでは。(ディスク2の13曲目です)わたしもこのとき購入して聴きました。名曲だらけのこのCDですが、クイーンの曲はやっぱりじわーときました。

今日は「ボヘミアンラプソディー」の猫と親日という雑学でした。

もうひとつ、矢場町パルコのセンチュリーシネマでご覧になる方は「なりきり?フレディ・マーキュリー割引」というのがありますよー。

しつこいですが、ハンカチ、タオル地のやつ忘れずにね!それではー。

【追記】

11月30日に報道ステーションでこの映画が特集されていたのでまたブログ書いてしまいました。→ 報ステの『ボヘミアンラプソディー』特集にまた泣かされる

 

 

 

映画「ボヘミアンラプソディー」は役者さんの熱演がすごかったです

こんにちは。

映画「ボヘミアンラプソディー」を観てきました。そして泣いてきました。

主役のラミ・マレックという俳優さん、すごかった。まるでフレディをこの地上へ連れ戻してくれたのか、とさえ思えました。

とくに容姿がそっくりというわけではないんですが、曲作りへの入れ込み方とか、不器用な生き方とか、バンドの成功ですべてが手に入るわけではないという人生の切なさとか、フレディの歌声以外はすべて再現できたのではないかという完成度の高さでありました。

なので映画の後半になると観ているこちらの気持ちも入りこんでくるので、本物のフレディに見えてくる(笑)。

(矢場町のパルコ東館8階、センチュリー・シネマで観てきましたよ。)

世の中には早世の天才とよばれる人が存在しますが、フレディもそのひとりだったのではと思っています。

ひとたび才能を開花させれば、次々と素晴らしい作品を世に送り出し、短い月日で普通の人間が300年かけてもできないような仕事をこの世に確かに残して、そして「グッバイ」と、あっさり地上から旅立ってしまう。そんな人です、世の中に認められるか、成功するかは別の話として。

天才であれば何もかも手に入れられるのか、といえばそんなことはなく、むしろ天才であるがゆえに失ったり、苦悩するものがあり、普通の人が普通に持っている幸せが手に入らなかったりします。

そんなフレディの辛さや、苛立ちや切なさもしっかり描かれていて、彼の心情が伝わってきます。

圧巻のクライマックスは「ライブエイド」の演奏シーン

クイーンは1985年の伝説のチャリティーコンサート「ライブエイド」に出演し、その21分間の演奏シーンがこの映画のクライマックスとなるように構成され、ストーリーが進んでいきます。

伝説の「ライブエイド」演奏の21分間

映画の冒頭はフレディがきっぱりとした表情で「ライブエイド」のステージへと向かうところから始まるんですが、そこでファンは「あ、ライブエイドが焦点なんだな。」と気づくわけです。

映画のストーリーはフレディとバンドメンバーの出会いから、フレディはそのバンドの持ち歌のワンフレーズをアカペラし、メンバーとして迎えられます。

バンド、クイーンの結成、曲作りに没頭する毎日、やがてバンドは成功と名声を手に入れる、そこへすり寄ってくる悪意の人、本当の理解者は誰なのか、バンドメンバー同士のあつれきや葛藤、

バンド活動とプライベート、さまざまなことが描かれながら物語はクライマックスへ、「ライブエイド」の演奏シーンへ突入。

ここまで涙腺をこらえていた人、ここでがまんがきかなくなるのでは。このシーン、本物のクイーンの演奏も You Tube で何10回も見倒しましたが、映画のほうもまったく見劣りしません! ライブの臨場感、緊張感がすごい伝わってきます。

史実とちょっと違う部分もあるけど

フレディが強烈なトラブルメーカーとして描かれたり、バンドが長期間解散状態になったり、フレディのHIV感染告白の時期が違っていたり、ファンからすれば、「ちょっと違うじゃん!」なところも実際多いんですが。

たぶんですが、ノンフィクションとしてよりも音楽的伝記映画のエンターテインメント性を優先させたのでは、と思います。

思いは尽きないけど簡単に感想を

「今年も終わり近くになってすごい映画に出会ってしまった。」というのが感想です。「絶対もう1回観たい。」そう思わせてくれる映画に出会うことも少ないですから。何年ぶりだろう、そう思ったのは。

映画が終わって長い長いエンドロールが流れていても、誰も席を立つ人はいませんでした。スクリーンを見つめながら、クイーンの音楽と共に生きた若い日々に思いを馳せる人たち、私も含めて。

なんといっても音楽が、ライブシーンが圧巻です。音楽ってすごい。クイーンを知らない若い世代にもおすすめです!

70年~80年代のファッション、人種差別、セクシュアルマイノリティーへの理解なき厳しい目線、など当時のイギリス社会についてもちゃんと描かれてるし。

バンドメンバーの絆についても丁寧な描写がとてもいいです。「Band is family」真っ直ぐな目線で語るブライアンの言葉は音楽やバンドに携わる人たちの心に優しく刺さることでしょう。

ハンカチ忘れずにね!

これから観に行かれる方はハンカチを忘れずに、タオル地のやつですよ。それではー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋人ならきっとある味噌煮込みうどんの思い出

こんにちは。もう味噌煮込みうどん食べましたか?

着実に寒くなってきました。公園の落ち葉もいい感じで色づいてきましたよ。今週末は名古屋市内でも紅葉が見ごろになりそうですね。

そろそろ味噌煮込みうどんが食べたいなあ、と思っていたところベストタイミングでお友達からいただきました。Hちゃん、ありがとう。

販売者: 株式会社カネスエ010  愛知県一宮市大和町氏永字仲林140-1

味噌は岡崎産の赤みそと信州産の白みそのブレンド(でも真っ黒です)。麺は国産小麦使用。

麺とだしパックと味噌が1人分ずつ小分けにされていて使いやすい!麺のゆで時間は、固め好みなら8分、柔らか目好みなら10分です。どっちにしよう、真ん中とって9分にしようかな。

具は冷蔵庫の中にあるもので。白菜とかまぼこ、後のせで天ぷらときざみねぎにします、シンプルでいいね。卵を入れる派です。

お鍋にお湯を沸騰させて麺とだしパックを入れ、味噌と天ぷら以外の具材も入れちゃってグツグツ煮込みます。

煮込むこと9分、火を止める1分前に卵を落とします。

できましたー。天ぷらときざみネギ、それから一味をふります。

あつあつでおいしいです。鰹節とサバ節のしっかりきいただしに赤味噌がすっごくあいます。だしも味噌も個性強くて負けてない、なんかキャラの濃い2人がお互い負けていないみたいな感じで(笑)。

やっぱり子供のころから食べてきた味はいいな。あったまってほっこりしました。

名古屋人ならきっとある味噌煮込みうどんの思い出

遠方のお友達を味噌煮込みうどん食べにお連れしたことありますか? そして「固い」とか「煮えてない」とか言われたことありませんか?

私もありますよー。

20年ぐらい前、会社勤めしていたころの話です。

東京支店から出張してきた先輩方が味噌煮込みうどんを食べたいというのでご一緒しました。季節はまだ9月の末、味噌煮込みうどんという気分ではなかったんですが、東京の先輩方はあらかじめガイドブックで調べてきて(当時は食べログないですからね)山本屋がいい、と嬉しそうです。

お店に入り、注文をすませ、待つこと10分少し、念願の味噌煮込みうどんが登場しました! あつ、あつ、あつ、と食べ始めました。すると、さっきまで輝いていた東京の先輩方の表情がなんだか微妙になっていく、、、。

「ひょっとして・・・」

少しだけ不安に思っていたことが的中してしまった。

先輩方の口から、次々に

「ちょっと固くない?」

「煮えてないみたい。」

という言葉が続きます。

そうなんです。味噌煮込みうどんってちょっと固くて、煮えてないみたいなんです。でも、味噌煮込みうどんはそういうものだと思って育ってきたので、気配りを忘れてしまいました。

あらかじめ店員さんに「少し長めに煮てください」と伝えればよかった、と反省。

あと、東京の先輩方は地元のお客さんが土鍋のふたにうどんをのせて、さまして食べているのを不思議そうに見ていました。

あの日以降、東京支店からたくさん先輩方が出張に来られましたが味噌煮込みうどんにお連れすることは2度とありませんでした。

味噌煮込みうどん、おいしいんですけどね。どうすればこの魅力が伝わるんだろう? そう考えながら土鍋のふたにうどんをのせて食べました。

それではー。

 

 

 

 

 

 

 

NHK Eテレ『ろんぶーん』のアンコール放送(猫の論文)みました

こんにちは。

NHK Eテレ『ろんぶーん』のアンコール放送(テーマ:猫 11月11日23:00~23:30放送)観れましたー。

「論文」という言葉を聞いただけで尻込みしてしまう、そんな私でも楽しく最後まで観れました。

たぶん、世の中の多くの人は(私ももちろんそう)「論文」というものに苦手意識を持っていて、この番組のターゲット層はむしろそういう人たちなのでしょう。

番組紹介にも『丁寧に読み解けば、そこには知的好奇心を刺激する「知の結晶」が輝いている』と書かれています。そうなんだ!知の結晶に触れるという喜びが待っている。でも、論文といっても、そもそも読み方もわからない。そんな私たちのためにこの番組が作られたんでしょうね。

今回のお題は猫です! 猫の論文2本立てです。

1.江戸時代にも猫ブームがあった?現代の猫ブームの起源を歴史的に解き明かした論文。

2.猫の心に迫る!猫の知られざる能力を明らかにした論文。

出演者

【ゲスト】中川翔子,【出演】学習院大学教授…遠藤薫,京都大学博士研究員…高木佐保,【司会】田村淳,中山果奈,【リポーター】漫才…笑い飯哲夫

番組冒頭でゲストのしょこたんが猫を膝にのせてゴロゴロいわせているところが映ります。猫があっという間にリラックスしてゴロゴロいうんですよ。しょこたんは猫を9匹飼っているらしいです。自らを「中野の猫ババア」と言ってました(笑)けど本当に猫好きなのが伝わってきます。

反対に司会のロンブー敦は猫をどう扱っていいのかわからないようでオロオロしてて少しおかしかったです。「ねえ、噛まないですよね?」とか聞いてましたし。

最初の論文「江戸時代にも猫ブームはあった」(実際は難しいタイトルがついています)で社会学者、遠藤薫学習院大学教授が登場します。

「その時代に人々が夢中になったものを研究すればその社会が見えてくる。」

冒頭で遠藤教授がそういう意味のことを言ってました。

いまだ猫ブームが衰え知らぬ日本。ペット飼育数から見ると、昨年2017年ついに猫飼育数(953万頭)が犬飼育数(892万頭)を上回りました。人が猫に夢中になる社会背景ってどんなのだろう。

そういえば猫ブームは江戸時代にもあったらしい。当時お金持ち専用の高価なペットであった猫が江戸の市民の生活に浸透し、愛されるようになった理由は? そのときの江戸の社会背景は? 目まぐるしく変化していく社会とそこで生きる人間、そして人間と猫との関係は? そういう視点で番組が進みました。

江戸時代の猫ブームから当時の社会背景を読み取る。すると今の猫ブームから今の時代の社会背景が読み取れるかもしれないという考え方。なかなかおもしろかったです。

余談ですが、平安時代の猫は中国からの輸入で大変高級品だったようです。当時は馬より高価だったようですよ。なんだか信じられないですね。馬より高い猫、どんな顔してたんだろう。

「猫と社会」や「猫の心」というテーマを楽しく、でもまじめに考えてみる、興味深い番組でした。番組が好評だったら再アンコール放送もあるかもしれませんね。それではー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ見ごろ 名古屋市内の紅葉スポット 相応寺(千種区) 禅隆寺(東区)  

こんにちは。

名古屋の街中の樹々もだいぶ色づいてきました。ここ2週間ぐらい暖かい日が続いたけど、今週からは平年並みの気温に戻るそうで、そうなると名古屋市内の紅葉も一気に進みそうですね。

11月23日(金)は勤労感謝の日で祝日ですが「城山の紅葉を楽しむ」イベントがあります。このポスターのように真っ赤な紅葉が観れるか、そこまで紅葉が進むかは微妙ですが、晩秋の1日に城山散策はいかがでしょうか。

城山の紅葉を楽しむ

まちの魅力をみつけよう

千種区役所との共催、城山・覚王山界隈の秋を楽しむ企画。

「紅葉の名所めぐり(参加申し込み制)」、「相応寺のつどい(事前申し込み不要)」、「揚輝荘の秋を楽しむ(事前申し込み不要・参加費無料)」の3本建て。

開催場所 相応寺 [地図]
料金 こちらよりご確認ください
開催日

2018年11月23日(金)

雨天決行

開催時間 09:00~12:30
電話番号1 080-4062-8016  ちくさ・文化の里づくりの会事務局
住所 名古屋市千種区城山町1-47
交通アクセス [公共交通]地下鉄覚王山駅より約徒歩12分
駐車場 なし。

覚王山や城山地区は名古屋でもおすすめの紅葉スポットです。ゆっくり歩いて城山八幡宮もいいですね。

城山八幡宮は恋愛運気上昇のためのパワースポットなので紅葉を楽しみつつ恋愛運アップ祈願もできますよー。そのあと覚王山参道でグルメ堪能というのもいいですね!

東区のおすすめ紅葉スポット 禅隆寺(東片端近く)

東片端の東側にあります。徳川園に比べるとぐっとこじんまりしていますが毎年とてもきれいな紅葉が観れるんですよ。

禅隆寺(臨済宗) 名古屋市東区飯田町36

買い物ついでに行ってきましたよ。(画像は11月18日に撮りました)

ちょっと早かったか。ちらほらと赤くなってきてるんですが、これからですね。今週末とかどうでしょう。

禅隆寺は1607年の建立。建物の一部分は当時のものが現存しているそうです。紅葉も建物も美しいです。五重塔は文化財になってます。

この付近は文化財の建物も多く、ゆっくり散策にもぴったりです。歩き疲れたらレトロな喫茶店ボンボンで休憩はいかがですか。おいしいケーキが250円で食べられますよー。

そういえばボンボンって外国人観光客にも人気なんでしょうか? 高岳や東片端を歩いていると観光客らしい外国人さんに「ボンボンハドコデスカ?」って聞かれます。5回ぐらい聞かれたことありますよ。

ボンボンは昔ながらのたばこOK喫茶店です。いちおう分煙なんですけど喫煙エリアの煙が禁煙エリアまでしっかり流れてきます。壁やガラスなどで仕切ってないですからね。ちょっと残念。

今週末は市内の紅葉をお楽しみください!それではー。