名古屋人ならきっとある味噌煮込みうどんの思い出

こんにちは。もう味噌煮込みうどん食べましたか?

着実に寒くなってきました。公園の落ち葉もいい感じで色づいてきましたよ。今週末は名古屋市内でも紅葉が見ごろになりそうですね。

そろそろ味噌煮込みうどんが食べたいなあ、と思っていたところベストタイミングでお友達からいただきました。Hちゃん、ありがとう。

販売者: 株式会社カネスエ010  愛知県一宮市大和町氏永字仲林140-1

味噌は岡崎産の赤みそと信州産の白みそのブレンド(でも真っ黒です)。麺は国産小麦使用。

麺とだしパックと味噌が1人分ずつ小分けにされていて使いやすい!麺のゆで時間は、固め好みなら8分、柔らか目好みなら10分です。どっちにしよう、真ん中とって9分にしようかな。

具は冷蔵庫の中にあるもので。白菜とかまぼこ、後のせで天ぷらときざみねぎにします、シンプルでいいね。卵を入れる派です。

お鍋にお湯を沸騰させて麺とだしパックを入れ、味噌と天ぷら以外の具材も入れちゃってグツグツ煮込みます。

煮込むこと9分、火を止める1分前に卵を落とします。

できましたー。天ぷらときざみネギ、それから一味をふります。

あつあつでおいしいです。鰹節とサバ節のしっかりきいただしに赤味噌がすっごくあいます。だしも味噌も個性強くて負けてない、なんかキャラの濃い2人がお互い負けていないみたいな感じで(笑)。

やっぱり子供のころから食べてきた味はいいな。あったまってほっこりしました。

名古屋人ならきっとある味噌煮込みうどんの思い出

遠方のお友達を味噌煮込みうどん食べにお連れしたことありますか? そして「固い」とか「煮えてない」とか言われたことありませんか?

私もありますよー。

20年ぐらい前、会社勤めしていたころの話です。

東京支店から出張してきた先輩方が味噌煮込みうどんを食べたいというのでご一緒しました。季節はまだ9月の末、味噌煮込みうどんという気分ではなかったんですが、東京の先輩方はあらかじめガイドブックで調べてきて(当時は食べログないですからね)山本屋がいい、と嬉しそうです。

お店に入り、注文をすませ、待つこと10分少し、念願の味噌煮込みうどんが登場しました! あつ、あつ、あつ、と食べ始めました。すると、さっきまで輝いていた東京の先輩方の表情がなんだか微妙になっていく、、、。

「ひょっとして・・・」

少しだけ不安に思っていたことが的中してしまった。

先輩方の口から、次々に

「ちょっと固くない?」

「煮えてないみたい。」

という言葉が続きます。

そうなんです。味噌煮込みうどんってちょっと固くて、煮えてないみたいなんです。でも、味噌煮込みうどんはそういうものだと思って育ってきたので、気配りを忘れてしまいました。

あらかじめ店員さんに「少し長めに煮てください」と伝えればよかった、と反省。

あと、東京の先輩方は地元のお客さんが土鍋のふたにうどんをのせて、さまして食べているのを不思議そうに見ていました。

あの日以降、東京支店からたくさん先輩方が出張に来られましたが味噌煮込みうどんにお連れすることは2度とありませんでした。

味噌煮込みうどん、おいしいんですけどね。どうすればこの魅力が伝わるんだろう? そう考えながら土鍋のふたにうどんをのせて食べました。

それではー。