きじとら老犬介護日誌5 防寒用のちゃんちゃんこを買いました

こんにちは。

11月8日の記事でうちの18歳老犬の防寒服を考える、と書きました。その後お試しでちゃんちゃんこを買い、ずいぶん慣れてくれました。防寒服、買ってよかったと思います。

11月8日の記事はこちらです。 → きじとら老犬介護日誌4 老犬の防寒用の服を探そうと思う

NHK NEWS WEB 『長寿も楽じゃないワン』

ちょうど同じころにNHKのWebニュースでも「犬の服」のことが取り上げられてました。記事はこちらです。 → NHK  NEWS  WEB  『長寿も楽じゃないワン』

2005年ぐらいから犬に服を着せる人が急増したこと、そのきっかけは人気タレントさんたちが飼い犬にかわいい服を着せてメディアに登場したことらしいです。。

そうでしたね。10年ちょっと前ぐらいから洋服を着たワンちゃんの散歩姿を街でよく見かけるようになりました。デザインとかどんどん増えて、最近は小型犬の洋服ってびっくりするぐらい種類ありますね。

ネットでは、「かわいいうちの子をよりかわいく見せるために着用させる派」や「喜んでいるように思えないしかわいそうだから着せない派」、「犬も高齢化しているので防寒・介護のため着せる派」などなど、いろんな意見が飛び交っているようです。

私は今まで犬の洋服に興味を持ってなかったし、むしろ夏の暑い時期に小型犬が服を着ているのを見て心配になるぐらいでした。熱中症にならないのかなあ、って。

うちの老犬は雑種でダブルコート(2重被毛)、秋になるとじっくり冬毛を蓄え、春になるとごっそり抜けます。だから若いころは洋服のことは考えませんでした。

でも、18歳を迎え、「防寒としての洋服」を考えるようになりました。

日本動物福祉協会の特任理事で獣医師の兵藤哲夫さんは、ペットの犬たちが高齢化していることに触れたうえで、こうおっしゃってます。

「犬は年をとると、体重が落ちてやせて寒さを感じやすくなる場合があります。それでも体力維持のためには、外で散歩する必要があるので、そのときは服を1枚着させてあげることも大切です。」

老犬の防寒用の服を買いに行きました

ということで買いに行ってきました。
行く前に、胴回り、首回り、着丈をメジャーで測ります。だいたいこの3か所を測っておけば大丈夫みたいですよ。
18歳にして服デビュー、なのできっと嫌がると思う。まずは「ちゃんちゃんこ」を選びました。着せるのも簡単、前足を通して前ひもを結ぶだけ。はおるだけなので締め付け感がなくていいかな。
着せてみる。
やっぱり嫌なのか、うずくまり、動かなくなる。体調悪いか?

やっぱり初日は機嫌悪くなりましたが、3日もすれば慣れてきました。服を着れば暖かいということがわかったかな。

服のサイズもなんとなくわかったし、服にも少し慣れてきたので、もう1枚買おうと思います。洗い替えも必要だしね。

つぎもモコモコの暖かい服にしようと思っています。それではー。