いっしょに考えませんか Let’s 地域猫セミナー2018があります 

こんにちは。

今週末11月11日(日)桜山の名古屋市立大学で「地域猫セミナー」が開催されます。

猫が好きな人、外猫の現状に胸を痛めている人、猫が苦手で街に増えてほしくない人、猫トラブルで頭を抱える町内会役員さん、1人で悩まないで意見を出し合って解決策を探りませんか?

公園や駐車場で野良猫がくつろいでいる光景を見かけるのは日常でありますが、それを見てどう感じるか、何を思うのかは人それぞれだと思います。

「かわいい、癒されるー。」と猫好きの人。

「糞はするし、鳴き声はうるさいし、まったく迷惑。」と猫が好きでない人。

「これから寒くなるし、外の生活はかわいそう。」と猫の心配をする人。

そして猫にまったく関心がない人。

世の中はいろんな考えの人で構成されています。猫好きな人ばかりではないし、逆に猫嫌いな人ばかりでもないです。なにが地域にとって、猫にとって最善なのか考えている人もいるし、逆にまったく無責任な人もいます。猫をめぐっての地域トラブルって実は人間が起因してた、ってことも多い。

私は朝と晩に老犬の散歩で公園を利用していて、そこでも野良猫を見かけます。夜8時を過ぎると自転車で来て餌をまいて、あっという間に走り去ってしまうおばあちゃんがいるんです。なんで走り去るのか、きっと苦情を言われるからでしょう。

昔は「えさやり禁止!通報するぞ」みたいな過激な看板もありましたが、今は「餌をあげたら片付けて。避妊去勢手術もお願いします。」とマイルドな表現になった看板(行政作成)をたくさん見かけます。

だからおばあちゃん、逃げるように走り去らなくていいのに。

きちんと片付ければいいだけの話。でも、現実はそうでもないです。いまだに「通報するぞ」的なおじいさんいるし、「そんなに好きなら家へ連れていけ。」みたいなことを言う人もいるみたいです。

法律や行政が変わってきても、人のメンタルってそう簡単に変わらないのかも。

そんなんで猫をめぐるトラブルってご近所だけではなかなか解決が難しく、突破口が見つからなかったりします。

今回の「地域猫セミナー」の主催者はボランティア団体のみなさんで、講師は地域猫コーディネーターの方や弁護士さん。ともに現場を知る人々が豊富な経験をもとに解決策を探る、とのことです。

何年も前ですが、テレビで「ご近所トラブル解決!」みたいな番組を見ました。猫嫌いさん、餌やりさん、猫ボランティアさん、無関心さん、それぞれの言い分がかみ合わない都内のある町内会。その現場へ行政の猫問題専門コーディネーターさんが入り、猫トラブルを解決していくという番組でした。

了解を得たお宅の庭に猫トイレを設置し、猫ボランティアさんは避妊去勢手術を進め、えさやりさんはきちんと片付けをして、それぞれができることを確実にやって。

とくに庭の猫トイレ作戦は効果があったようです。数か月後には猫トラブルをめぐって対立していた住民たちの関係もずいぶん改善されました!

「猫もいいもんだな。」かつて猫嫌い派だったおじいちゃんがそう言ってるのを聞いてびっくりしました。人間変われば変わるものですね。なんだか私も嬉しいです。

やっぱり人間同士の問題なんだな。

言い分がかみ合わなくて対立ばかりしている住民の中に行政からノウハウを持った人が入ったのも大きいと思います。

猫好きのためにも、猫嫌いのためにも、関心のない方のためにも、猫は増えないほうがいいです。そのためにみんなで考えることは大切ですよね。

猫が悪者にならないためにもね。

 

地域猫セミナー 11月11日(日) 13:00~16:30 

名古屋市立大学  桜山キャンパス さくら講堂

 

 

 

 

 

 

 

きじとら老犬介護日誌3 18歳になりました

こんにちは。

今池の空は今日もきれいです。

そして、うちの老犬ちろが18歳を迎えました。

2000年のクリスマス前に名古屋市動物愛護センターからうちにお迎えしました。その時にセンターの職員さんから「今2ヶ月ぐらい。」と教えていただいたので、たぶんすでに10月末には18歳のお誕生日を迎えているはずです。

ですけど、11月3日文化の日を「ちろの誕生日」にしました。祝日なら憶えやすいし、仕事が休みでお祝いもできるしね。

食いしん坊で、わんぱくで、甘えん坊で、寂しがりで、散歩が大大大好きで。

「長生きの秘訣は?」

よく聞かれますが、特別なことはなにもしていないです。

ただ、思いきり散歩をしてきました。時間さえあれば散歩をしていた感じです。平日なら朝晩あわせて2時間30分ぐらい、仕事休みの日は合計3時間ぐらいしていたと思います。

「犬にとって散歩は1日のうちの最大イベント、楽しみの時間」そう何かで読んだことがあります。だからできる限りたくさん散歩をしました。

そうしてたくさん季節を感じ、たくさん街の空気に触れることができました。大通りから裏の小道までくまなく歩いて地理にもやたら詳しくなりました。

たくさん散歩したことが健康に良かったのか、ほとんど病気もせずこの歳を迎えることができました。本当に感謝です。

「長生きの秘訣」は結局よくわかりません。

たぶんですが、体とか運とか持って生まれたものが強かったんだと思います。どんなに飼い主さんが努力されても病弱な子はいますから。そう思うと幸運な子だなと思います。

人間でもそうですよね、健康のために努力を惜しまない人が長命かといえば、そうとも限らない現実があって。あまり運がどうとか言っちゃいけないですけどね。

そんな健康に恵まれたうちのちろですが、2年前16歳を迎える頃から老いが進んできました。遠くまで行っていた散歩も今では近所の公園だけです。でも、自分の足で歩いています。

後ろ足がとても弱くて力が入りずらいんですが、慣れ親しんだ公園を50分ぐらいかけてゆっくり歩きます。

18歳の誕生日を迎えることができ、今日は本当にうれしく感謝しかありません。

じつは1か月前に体調を崩し、2日間食欲を失くしました。その時はたいへん心配し、考えたくないけど最悪のことまで考えました。

ですがありがたいことに3日目から食欲を戻してくれました。

「まだまだがんばるよ。」そう言ってくれているようで嬉しかったです。

もう18歳、散歩をしていても同じ歳のわんちゃんに会えることは少ないです。でも1日でも長くうちの子であってほしいと願っています。

お誕生日おめでとう。これからもよろしくね。

 

 

 

 

 

おしゃれでかわいい、猫助けもできる2019猫カレンダー

こんにちは。

あっという間に11月になりました💦 1年って早いなー。

本屋さんへ行くともう2019年カレンダーが揃っています。そういえば100均にもカレンダー出揃ってました。

そろそろ「来年のカレンダーどうしようかなー。」と考える季節到来。カレンダーといえば頂き物もあるし、購入もしますよね。自分の趣味のだとかこだわりのジャンルで。

猫カレンダーでいえばこの時期なら動物病院やペットショップなどで頂けたりしますが、自分のお気に入りも購入したいところ。

めちゃくちゃおしゃれでかわいいカレンダー見つけました。これを事務所の壁にかけてニヤニヤしようと。

2019 Love & Co.  カレンダー

Love & Co.さんといえば主力商品のコーヒーや猫グッズを販売した事業利益で犬猫の保護や譲渡の活動をしている一般社団法人。寄付だけに頼らないスタイルで長期継続できる保護活動を目指しています。

Love & Co.

設立日 2016年3月3日
所在地 〒158-0082 東京都世田谷区等々力7-9-7 ISSOビル3F

そんなLove & Co. さんの2019年カレンダーの主役はここの卒業生達です。保護されて Love & Co. さんのオフィスで生活して、新しいお家を見つけた子達、今は幸せに暮らしている子達です。

なんとも明るくてかわいい‼

Love & Co.さんの商品ラベルのモデルは里親募集中の子達であることがほとんどなのですが、今回は卒業生たち。それぞれの子たちが保護された経緯や、ご家族に出会うまでのエピソードつきとのこと。

以前からウエブサイトやSNSで Love & Co.を応援されていた人にとっては感慨深いカレンダーになりそうですね。

明るく楽しくおしゃれに

Love & Co. さんの商品の魅力はなんといっても「明るく楽しくおしゃれ」なことだと思います。

たとえば手作りプリンのパッケージ。実際の保護猫さんの画像にイラストを組み合わせて、とてもおしゃれでかわいい仕上がりになっています。

保護活動の現実は厳しく、悲しく辛いこともたくさんあるのですが、あえて楽しく明るいイメージを心掛けているところがいいなと思います。とても前向きの姿勢や考え方を感じます。

カレンダーの売上は保護活動費に

かわいくておしゃれで、部屋にあるだけで楽しくなるのが購入の理由ですが、売上がそのまま保護活動費につながっているのもうれしいですね。買うことで間接的に猫助けに参加できるんですにゃ。

販売は11月初旬~11月中旬からスタート予定とのこと。

このページから購入できます。→ Love Me Shop

Love Me Shop のページを見ていたらコーヒーやプリンの素も欲しくなってきました。

ちなみに今年はこれを使っています。昨年暮れに買ったもの。「公益財団法人どうぶつ基金」さんの卓上カレンダー。

一般公募して選ばれた保護猫の画像がモデルです。添えられている保護主さんのコメントが泣けました。こちらも売上は不幸な動物を増やさないための避妊去勢手術活動の資金になります。

 

 

 

猫との距離はゆっくり縮める 靴にスリスリした猫 

こんにちは。今日から11月ですね。

9月の後半からボランティアで猫の世話のお手伝いを始めました。

週のうち半分ぐらい夜の1時間と少し、飼い主さんを失ってしまった8匹の猫たちのお世話(のお手伝い)をしています。ほぼ毎日Nさんが、そして週1~2回Mさんが猫のお世話に通っていて、私はそのお手伝いなんです。

お手伝いをすることになった経緯については改めて書くとして、今日はその猫さんたちと距離を縮めつつあるという、嬉しい話を少し。

はじめてお手伝いに伺ったのは9月も終わるころでした。

猫の性格は本当にそれぞれ違う。

はじめて会った日からごろごろスリスリしてくれる子もいるけど、そのお家の猫さんたちはどちらかというとその反対。最初の日は押し入れに隠れてしまって、どの子も見ることはできませんでした。

毎日のように通っているNさんも2週間ぐらいは猫の姿を見ることもなく、トイレ掃除やごはんのお世話をしていたみたい。でも毎日通い続けて1ヶ月経った頃、スリスリや頭ごっつんしてくれるようになったとか。今では8匹のうち2匹は抱っこできる、と嬉しそう♪

その日から1日おきぐらいのペースでお手伝いに通ってます。

お手伝い4日目のこと、今まで姿を見せてくれなかった猫たちが出てきましたよ。押入れから、天袋からこちらをうかがっています。2mぐらいの距離をとってじーっと見つめてくる子も。

まだどの子にも触ることはできないです。だけど少し距離を取りながらも毎回姿を見せてくれる。1mぐらい近寄っても怒らないようになりました。

そして! 先週末から1匹の黒白くんが玄関に置いてある私のスニーカーに体をすりつけるようになりました!

お掃除をしながらなにげに玄関に目をやるとその子が私のスニーカーにぐいぐい頭を押しつけているんです。ついにご挨拶してくれたー。

すりすりは仲間であることの確認らしい

猫は体を相手にこすりつけて親しみの気持ちを表したり、自分のニオイを相手につけて自らが安心するそう。どちらにしても嫌いな相手にはしない行為であり、仲間であることの確認のようです。

黒白くんは私の足元じゃなくて玄関に置いてある靴にスリスリしてるので、まだ直接触れられる仲ではないんですが、、、じょじょに距離が縮まってきたことはわかるんです。今月はもっと仲良くなりたいね。

猫との信頼関係を築くのはそれなりに時間がかかる。むりやり近づいて驚かせると関係の修復に時間がかかってしまう。

画像ももう少し仲良くなるまでがまんかな。

その子たちの優しい飼い主さんはもうこの世におられません。最後の日まで猫たちのことだけを心配して旅立たれた、そうNさんから聞きました。

まだ先のことも何も決まってないのだけど、飼い主さんに愛されたその子たちのこれからの幸せを願わずにいられないです。