トイレの砂かけができない猫

こんにちは。

昨年の9月から友人と一緒に、飼い主さんを亡くした8匹の猫のお世話をしています。

8匹もいるとトイレの使い方はまちまち。

鉱物系の猫砂トイレ×3、システムトイレ×2、木製チップのトイレ×2、計7個というラインナップで通常運転しています。

「トイレの数は猫の数プラス1」とよく言われますが、そうするとトイレ9個必要になってしまう! それは勘弁していただいて。

本当はシステムトイレを使っていただきたいのですが、実際猫たちが使っているのは鉱物系猫砂ばかりです。

きれいなトイレを使いたいのは人間も猫も同じ。トイレ掃除を終わると同時にやってきて用を足す猫たち。観察していると、ほとんどの猫がウンチのあと丁寧に砂かけしています。

しかし、1匹だけ後始末のできない子がいる。

あなたのことですよ。

食いしん坊でお調子者のモックくん。あとから来た子があなたのウンチに砂かけして埋めているじゃないですか。

どちみち掃除してかたずけるんで大丈夫なのですが、ちょっと不思議でした。ウンチに砂かけして埋めない子がときどきいることに。

先週買った『猫医者に訊け!』(株式会社KADOKAWA) をパラパラ流し読みしていたら、ありました、同じ質問が。(P.40)

質問者さん:「猫ってトイレを砂で隠すのが当たり前と思うんですが、隠したつもりになっている子はどうしてできないんでしょうか?」

それに対する猫先生の答えは、

「サラサラで細かいトイレの砂を用意してやってほしい。」

でした。

猫先生によると、年々猫砂の粒が大きくなってきているらしいです。人間が片付けしやすいように、掃除が楽なほうが売れるから、メーカー側もそういう商品を売り出すとのこと。そして、トイレの後の砂かけ、埋めることがヘタクソな子が多くなってきた気がする、と。

できるだけ細かくサラサラな砂を用意してあげることで、上手にウンチを隠すようになれるかも、とのアドバイスでした。

そうなのか。今使っている猫砂は少し粒が大きいかも。

こういうのがいいのかな。

たしかに細かくてサラサラ、固まり方はすばらしい。Amazonのレビューも高評価が並んでる。トイレ回りにめっちゃ飛び散ることと、価格がお高いことを除けば。

猫砂のお話でした。

猫先生のおまけ話: ネコババとは、他人のものをこっそり隠して自分のものにするという意味で、ネコババを漢字で書くと「猫糞」。猫がフンをした後に砂をかけて隠すことから、そういう意味で使われるようになったそう。

でも、ネコババって言葉、最近あまり使わなくなりましたね。

それではー。

 

 

 

 

 

 

 

 

『趣味どきっ!不思議な猫世界』第6回『猫バカ列伝』をみました

こんにちは。

楽しみにしていた昨晩のNHK Eテレ『趣味どきっ!不思議な猫世界』第6回『猫バカ列伝』をみました。

画像は番組にも出演している猫さん。黒ぶちの入り方が個性的。

見逃された方も、再々放送までありますのでご安心を。

本放送(放送済み) 1月14日(月)21:30~21:55(NHK  Eテレ)

再放送 1月16日(水)10:15~10:40(NHK 総合)

再々放送 1月21日(水)11:30~11:55(NHK Eテレ)

各界有名人の猫バカぶりがさく裂

漫画家、小説家、美術家やアーティストなど有名人の猫バカぶりがさく裂します。

長谷川町子、赤塚不二夫、夏目漱石、大佛次郎、朝倉文雄(彫刻家)、そうそうたるメンバーが登場。途中で今のときの人、フレディ・マーキュリー様が猫に捧げた歌『Delilah』が流れます。(もっと映像とかだしてほしかったわー)

個人的な感想ですが、猫バカ度もそれぞれかなと思いました。でも大佛次郎、朝倉文雄は筋金入りというか、別格と言えるでしょうか。あと、猫バカといえばフジコ・ヘミングさんが入ってないのが寂しいです。

生涯で500匹の猫を飼った大佛次郎

文豪・大佛次郎が生涯で飼った猫は500匹なのだそうです。想像もできないぐらいの多さですね。

猫が整列してご飯を食べ、それを文豪・大佛次郎が幸せそうに眺めているこの画像は猫好きさんなら一度は見たことあるのでは。幸せの光景ですね。全部で15匹いるそうです。

(http://osaragi.yafjp.orgより画像お借りしました)

猫は人生の優しい伴侶(大佛次郎)

「猫は僕の趣味ではない。いつの間にか生活になくてはならない優しい伴侶になっているのだ。」(大佛次郎)

趣味や嗜好を超えて、猫はもはやなくてはならない優しい伴侶と語った文豪。今でこそ、コンパニオン・アニマル(伴侶動物)という言葉が使われますが、明治生まれの彼が「伴侶」という言葉を使ったのは、あの時代ある意味とても新しいことだったのではと想像します。

大佛次郎はいつも恵まれない不幸な猫に愛を注ぎました。飼い猫、保護猫だけでなく、通いの猫、住み込み猫(?)の面倒も見たそうです。

近所で「猫好き家族」と知られ、玄関先に捨て猫されることもしばしば、そうやって面倒を見るうちに猫の数はどんどん増え、その結果、生涯関わった猫は500匹と言われています。

旦那を超えるか?大佛夫人の猫バカぶりが素敵

もともとは猫嫌いだった大佛夫人は結婚してから猫好きになったそうです。猫好きになってからは大佛次郎を超えるかのような猫バカであったそうです。

「猫を拾ってくる」「近所の猫に真剣に話しかける」「猫のためにお土産を持たせる」などなど、夫人のおもしろエピソードがたくさん。

夫妻揃っての猫好き、生涯かけてどんな猫にも、特に不幸な猫に愛情を注いだことに、ただただ素晴らしいと思います。猫バカ界の金メダルに値しますよね。

番組感想まとめ

番組予告でフレディ・マーキュリー様の名前も出ていたので期待してたんですが、結局『Delilah』の曲を少し流しただけでした。もっと映像やインタビューあったらなあ。全国のお茶の間で「え、これだけ?」って言ってるんでは。

25分の放送時間で何人も紹介するので、少し内容薄くなっちゃったかな、という印象もあります。大佛次郎と朝倉文雄だけを掘り下げたら濃くなったかな、と思います。(濃すぎるか、、マニアすぎるか、)

来週は1月21日(月)21:30~21:55『第7回 ことわざになった猫』です。番組予告でゲストの杉本彩さんがチラッと映っていました。

それではー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四川料理 銀杏(今池)で担担麺のランチ食べました

こんにちは。寒かった土曜日、ランチで担担麺を食べてきました。

伺ったのは今池の四川料理銀杏さんです。夜は本格的な火鍋が食べれるお店。だいぶ前から気になっていました。

広小路通り沿いにありますよ。ゴージャスな外観です。お隣はイタリアンのお店。

錦にある四川料理銀杏錦本店の2号店とのこと。

お店の外にあるメニューセット。麺類、ご飯類の単品が650円、麺とご飯類のセットがランチ750円、夜850円。おかずがメインの定食がランチ800円、夜980円。夜でも少しだけの料金アップで食べられるのが嬉しい。飲茶定食なんてのもあるよ。

日替わりランチは750円。担担麺食べにきたけどエビチリ食べたくなってきた、、、。メインのおかずに揚げ物、漬物、サラダ、杏仁豆腐、ご飯、スープが付きます。ご飯、スープおかわり自由!

すごく立派な内装です。天井を見上げると巨大シャンデリアがある。以前何のお店だったか思い出せないんです、、、。

担担麺と回鍋肉丼のセット(750円)にしました。エビチリは今度にしよう。

セットなのでそれぞれの分量少なめかと思いきや、立派に1人分ずつある(・_・;) 完食できるかどうか不安💦 がっつり食べれる方にはおすすめです。

回鍋肉丼は甜面醬がきいています。キャベツがしゃきしゃきしておいしい。辛くなくて食べやすいよ。

そして担担麺、おいしいです。でも、もう少しスープが濃厚で深い味がするといいなあ。ゴマ風味がもっとあると嬉しいです。

ランチ価格はお値打ちだし、ボリュームもありますね!次は別のメニューも試してみたいな。夜の火鍋にもすごく興味あります。火鍋って辛いのかしら。激辛でなければ大丈夫ですよ!(私が)

ごちそうさまでした。

スタッフのお姉さんがポイントカード作って、と勧めてくれました。ランチ12回でランチ1回分プレゼント、さてどうなるか。

3連休楽しめましたか? それではー。

店名 銀杏 四川料理
ジャンル 四川料理、中華料理、中国鍋・火鍋
予約・
お問い合わせ

052-753-8699

予約可否

予約可

住所

愛知県名古屋市千種区内山3-31-22

交通手段 地下鉄桜通線・東山線今池駅11番出口徒歩2分

今池駅から208m

営業時間 AM11:30~PM2:00
PM5:00~PM11:30(土・日・祝も営業)日曜営業

 

 

 

 

 

 

 

栄で買った猫本あれこれ

こんにちは。

昨日はあちこち移動した1日でした。栄で夕方になったので、本を買って帰ることに。12月17日のブログでご紹介した本を買おうと思います。

その記事はこちらです。→『ねこの法律とお金』という本が発売されました

まじめに勉強しようと思って!

『ねこの法律とお金』
監修:渋谷 寛
定価:1,620円(税込)
発売日:2018/12/12
ページ数:198
出版社:廣済堂出版

栄の丸善へ行く前にブックオフにも行ってみました。

気になってた本があったので3冊買ってしまいました。

『野良猫の拾い方』(2018年4月30日初版)豊富な画像と丁寧な説明が嬉しい。こんな本、今まであったでしょうか?「猫は買わずに拾う時代。」が本当に来てほしいですね。

『必死すぎるネコ』(2017年10月25日初版)「おかしくも愛おしい、あなたの街のネコ劇場」、ちょっと疲れたら、紅茶でも入れて、必死すぎるネコたちを見てクスッとしようと思います。

『猫医者に訊け!』(2015年7月10日初版)「先生教えて!あんなことやこんなこと。」著者は1989年千種区に日本最初の猫専門クリニックを開いた鈴木真さん、画はご存知、くるねこ大和さん。

以上3冊をブックオフで買って、丸善に向かいました。丸善は店内に検索機があるんで、お目当ての本の場所がすぐに見つかって便利です。

『猫の法律とお金』はすぐに見つかりました。新刊だからね。

本日は4冊のご購入、満足です。『必死すぎるネコ』以外は全部解説本なので、まじめに読まなければ。そしてちゃんとレビューを書かなければ。

会計へ行く前に、ちょっと気になっていた本を手に取って、チラ読みしてしまいました。そして目から何か出してしまいました(-_-;) これは外で読んだらアカンやつだわ。

これです。『わたしのげぼく』。この上から目線の偉そうなハチ割れに最後やられますので、ご注意願います。大人も子供も、猫を愛するすべての人におすすめです。

それでは、楽しい3連休をお過ごしくださいね。

 

 

 

憧れの人 兼高かおるさん 安らかに

こんにちは。

ジャーナリストの兼高かおるさんが1月5日に90歳で亡くなられたというニュースが流れました。

40歳代、あるいは30歳代後半以上の方なら『兼高かおる世界の旅』(1959~1990)というテレビ番組を憶えていらっしゃると思います。

兼高さんは子供のころから私の憧れの人でした。大人になってからも「憧れの人は兼高かおるさん」と言ってました。

『兼高かおる世界の旅』が始まったのは1959年。1ドルが360円の時代、庶民が簡単に海外旅行には行けない時代だったそう。たしか渡航制限みたいなのもあったそう。

海外なんて遠い遠い向こうの話、そんな時代だったから兼高さんの世界の旅番組はすごく魅力的だったに違いない。今みたいに海外の旅番組なんて他にありませんでした。

女優さんみたいに美人で賢そうな兼高さんが世界のあっちこっちへ出かけて、えらい人達(王族や国家元首とか)に会ったり、かといえば次の週は秘境へ探検して、部族の人と同じものを食べていたり、そりゃあ驚きの連続でした。

小学生だった私は、憧れのまなざしで彼女の番組を夢中で観ていました。「兼高さんみたいになりたい」的な目標の人ではなく、手の届かない遠い憧れの存在、そんな人でした。

番組で150か国を訪れたこと、初めて南極大陸を訪れた女性のひとりであること、スカンジナビア航空が主催した「世界一周早回り競争」で73時間9分35秒の世界記録を打ち立てたこと。

彼女の成し遂げたことは、どれもこれも規格外でスケールが大きくて、すごいとしか言えません。

そう書いていくと「豪快でおっさんのようなおばさん」を想像しがちですが、違うんです、それが。美人で育ちの良さがにじみ出る上品な方なんです。

今でも覚えているけど、「わたくしね」とか「ほほほ、そうなんですの」みたいな言葉が自然に出てくる、まさにお嬢様な雰囲気の方でした。

『兼高かおる世界の旅』はスタジオで旅の映像を背景に、兼高さんと聞き手の芥川さんのトークで進行するものでしたが、お二人の掛け合いも絶妙で人気がありました。

とある日の放送で、

ボルネオの奥地らしきところの深い池のほとりで、美しい兼高さんが水着姿で立っている映像が流れ、

芥川さん「ま、まさか、兼高さん、この池に飛び込むんですか?」

兼高さん「ほほほほ、そうなんですの~。」

その瞬間に、背景の映像では兼高さんが池に飛び込んでいるという衝撃の映像が、、、。ボルネオですよ、、。何10年も経ちましたが、いまだに忘れることはありません。今ならともかく、あの時代ですからね。

上品な言葉やたたずまいとはうらはらな豪快な行動力が魅力的な方でありました。

『兼高かおる世界の旅』は1990年に放送終了しましたが、兼高さんはその後、晩年まで取材旅行を続け、たくさんの本や評論を執筆されました。

憧れの人、兼高さん、お疲れさまでした。あの番組を通して、どれだけたくさんの人が世界の見知らぬ国、文化や歴史、自然に興味を持ったことでしょう。ありがとうございました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

それでは。

 

 

 

 

 

1月14日のNHK Eテレ趣味どきっ!『猫バカ列伝』が楽しみでしかたがない

こんにちは。

昨年の12月3日から始まったNHK Eテレ『趣味どきっ!』の『不思議な猫世界』は昨晩に第5回が放映され、いよいよ後半戦に突入しました。

『不思議な猫世界』シリーズ関連記事はこちらです。→ 意外と楽しいEテレ『趣味どきっ!』の新シリーズは『不思議な猫世界』

スタートから昨日まではこんな感じで進んできました。

第1回「繰り返す猫ブーム」12月3日

第2回「日本に猫がやってきた」12月10日

第3回「怪奇なる猫」12月17日

第4回「幸せを運ぶ猫」12月24日

第5回「武将と猫とお姫様」1月7日

長い日本の歴史の中で、猫はどこからやってきたのか、どのように日本の社会の中で定着したのか、天皇家や貴族と猫の関係、武家や武将と猫の関係、庶民と猫の関係などなど、学校では習うことのなかった「日本史の中の日本人と猫の関係」がわかりやすく紹介されていました。

あの豊臣秀吉が猫好きで茶トラの猫を飼っていたって知ってました?織田信長と徳川家康は猫好きではなかったらしいですが。

あの天璋院篤姫も猫好きで、旦那の徳川家定に内緒で、三毛猫をそれは大事に大切に飼っていたんですって。その三毛猫の年間餌代は現在の貨幣価値で200万円以上だったそうで。

この番組がなかったら、秀吉や篤姫が猫好きだったことを一生知らずに終わっていたと思います(おおげさ?)。

なかなか楽しかった『不思議な猫世界』の前半戦でしたが、私がもっと楽しみにしているのは来週からです!

第6回は『猫バカ列伝』1月14日21:30~21:55

タイトルだけでワクワクしませんか? 今すぐ見たくないですか?

作家・漫画家・アーティストなど有名人の心温まる猫バカエピソードの数々を。

登場するのは長谷川町子、赤塚不二夫、夏目漱石など猫バカぶりもスケールデカそうですね(笑)。

そして大注目は、あのフレディ・マーキュリー様です! 昨日はゴールデングローブ賞2冠おめでとうございます(映画が)。前評判ではガガ様の『アリー』が本命だったそうだけど、それを押さえて見事な受賞、すごいです。

『ボヘミアンラプソディー』の中でもフレディ様の猫バカがさく裂してましたね。海外から国際電話で猫に話しかけてたり(昔は国際電話がめちゃくちゃ高かった)、猫のゴロゴロ音がおしゃれに使われていたり、すてきな猫映画でもありました。

彼が実際に飼っていたのは動物病院などから引取った保護猫たち、という情報もあり、そのあたりも含めて興味津々です。

愛すべき『猫バカ列伝』楽しみです。早く14日にならないかな(子供みたいですね)。それではー。

 

 

 

 

『家売るオンナの逆襲』を突っ込みながら見る予定です

こんにちは。

テレビではお正月番組もそろそろ終わり、今週から今期のドラマが続々スタートしますね。見る予定のドラマ、楽しみにしているドラマはありますか?

私は今週1月9日(水)夜10:00スタートの『家売るオンナの逆襲』を見ようかなと思っています。

『家売るオンナ』といえば、もう2年半経ってしまいましたが、2016年夏スタートの人気コメディドラマ。主演の北川景子さん演じる三軒家万智が家を売って売って売りまくる痛快ドラマ。なんですが、お客たちの複雑な人間模様を、家を売ることによってハートウォーミングな結末へ繋いでいくおもしろさ(かなり強引だけど)が魅力なんです。

「私に売れない家はありません!」

という決めセリフがありましたねー。一回でいいから言ってみたいわ。絶対無理だと思いますが(-_-;)

その人気ドラマ『家売るオンナ』の続編が『家売るオンナの逆襲』、今回も絶対おもしろいと思います!

ドラマ自体とても面白かったんですが、私が面白がっていたのは、家の売り方がけっこう法律ギリギリだったことかな。(もちろんドラマですからね!)

ご存知のように不動産屋の仕事は主に『宅建業法』によって規制されております。『あれをやってはいけない』『こうしなくてはいけない』いろんなことが細かく決められていております。

そうやって法律でがんじがらめ(は言い過ぎか)にすることで、顧客を守るという考え方なんです。

前回の『家売るオンナ』では、その小うるさい宅建業法が、ドラマということもあって、かなりアバウトに扱われていて、テレビに向かって楽しく突っ込ませていただいた次第です(^^♪

具体的に何がどうなのかというと、たくさんありすぎるので(笑)ひとつだけ挙げますね。

「この家をお買上げいただけますか?」のセリフの後、

「ここへご署名ください!」と書類にサインを求めるのですが、これはどうもいけないと思います。

「お買い上げいただけますか?」の場合、長い長い『重要事項説明』をしなければならない、と決められています。そして『重要事項説明』は宅地建物取引士が宅地建物取引士証を提示しながら行わなければいけない、と細かく決められています。けっこううるさいんですよ。

野暮なことは言いません!ドラマだからね。

でも突っ込みながらドラマ見るのもおもしろいです。とくに今年宅建を受験される方は「これはアウトでしょ。」「これはセーフ。」「これはグレー。」なんて感じでチェックしながらドラマみるといいかもです。

『家売るオンナの逆襲』は1月9日(水)夜10時スタート、楽しみです。それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

猫の脱走防止用柵を100均素材で作ってみた(玄関編)

こんにちは。

100均で調達できる材料で猫の脱走防止用の柵を作ってみました。今回は玄関編で、材料はダイソーで購入しました。

柵の設置場所は、とあるマンションの玄関。昨年9月に飼い主さんが亡くなり、残された8匹の猫たちのお世話をしている場所です。

外からきて玄関の鍵を開けていると、活発な子が飛び出しそうになり、心配になります。

「脱走防止の対策しないと、、、」お金をかけずになんとか自作で柵が作れないものかと、ネットで調べてみたら、いくつかありました。しかも100均で調達できる材料で。やったー!さっそく始めよう。

心配な場所は『玄関』『ベランダ』『窓』なのですが、まずは玄関から始めようと思います。

出来上がりはこんな感じになります。どうです? なかなかいいでしょ。(誰も褒めてくれないので自画自賛してみる)

まずは寸法を測る

いちばん天井の低くなっている箇所に設置することにしました。それがこの場所で、測ってみたら縦187㎝ⅹ横98㎝でした。

ダイソーへ行く

ダイソーじゃなくても他の100均でも大丈夫です(笑)。突っ張り棒もワイヤーネットもメーカーそれぞれサイズが違うので、お店へ行く前にネットなどでチェックしてみてくださいね。

突っ張り棒はいちばん長いサイズで190㎝まで対応のにしました。(300円/1本)

ワイヤーネットはたくさんサイズがありました。62ⅹ40㎝(オフホワイト200円)を6枚購入、あとは結束バンドを一袋。結束バンドは長めのものがいいです。はみ出た部分は後で切ればいいので大丈夫。

合計税込み2052円でした

  1. 突っ張り棒(190㎝まで対応) 300円×2=600円
  2. ワイヤーネット(62㎝×40㎝) 200円×6=1200円
  3. 結束バンド          100円×1=100円

小計1900円で税込み2052円のお買い上げです。

家へ戻って組み立てる(所要時間30分)

玄関の両端に突っ張り棒を立てる。このとき結構強めに突っ張るようにする。そうしないと簡単に倒れたりします。天井や床にあたる部分が安定しないときはシリコン製のクッション材などを当ててみるとどうでしょう。

突っ張り棒を立てたら、結束バンドでワイヤーネットを固定させていきます。突っ張り棒の部分はぎゅうぎゅうに締め付けないほうがいいです。ワイヤーネットの部分を開け閉めするので少しだけ余裕を持たせます。

開閉部分は観音開きにしました。そのほうが1本の突っ張り棒に負荷がかからないかな、と思って。

ワイヤーネットのサイズがトータルでぴったりこないので、部分的に重ねたり、ずらしたりして調整します。

これで出来上がり! 観音開きの中央の留め具でいいのがなかったので紐で結んでいます。所要時間30分、思ったより簡単に早くできました。

お金をかけなくても100均素材で脱走防止用の柵が簡単にできますので、もしよかったら試してみてくださいね。

それではー。

 

 

 

あけましておめでとうございます

こんにちは。

新年のご挨拶が遅くなってしまいました。

あけましておめでとうございます。旧年中このブログへ遊びにきてくださったみなさま、本当にありがとうございました。

みなさまの健康とご多幸をお祈り申し上げます。

今年もあんなことやこんなこと、役に立つことや立たないこと、いろいろ書いていければ、と思っています。今年も遊びにきていただければ、こんな嬉しいことはありません。いつもお待ちしています。

楽しいお正月を過ごされましたか?

私は28日夜から30日まで大掃除に明け暮れ、大晦日と元旦は友人が遊びにきて呑んだくれるという、いつものお正月を過ごしました。楽しかった。

18歳老犬も14歳サビ猫もおかげさまで新年を迎えることができました。これがいちばん嬉しいです。

2日に実家へ遊びに行ったら、こんなもの見つけた。

中学生の時に買った(買ってもらった)レコード残ってた! LPって知ってます(笑)?

『QueenⅡ』、懐かし~! 『オペラ座の夜』もあったはずなのに行方不明。

若いころのフレディはエキゾチックで妖しく美しい。

そんなことで今年もどうぞよろしくお願いします。よい1年にしたいものですね。