保護猫カフェで猫と出会う

こんにちは。暑さが堪えます。どうなってるんでしょうか、この暑さ。

昨日は「譲渡会で猫と出会う」という記事を書きましたが、もう一つ忘れてならないのが「保護猫カフェで猫に出会う」ことであります。

10年近く前でしょうか、名古屋にも猫カフェができ始めました。当時の猫カフェはアメショーやスコティッシュフォールドなどの純血種の猫さんがいて、そこで飲み物をいただくというシステムがほとんどだったと思います。

変化がおきたのはここ2~3年だと思います。保護猫カフェの出現です。

猫さんと飲み物(お店によって軽食もあったり)というスタイルは当初と変わりませんが、猫さんが保護猫で譲渡対象なんですね! 実際に触れ合ってみて運命を感じたら、手続きを経て譲渡も可能というシステム。素晴らしいアイデアだと思いませんか?

それぞれのお店のHP、ブログやSNSで里親募集中の猫さんの紹介されてますから、それらをチェックしてから遊びに行けば、よりいっそう楽しく触れ合えるはず。

「猫と出会う」ために保護猫カフェへ行くメリットは、時間的便利さではないでしょうか。

通常は動物愛護団体さんの譲渡会は週末土日のどちらかの2~3時間ということが多く、都合を合わせるのが難しいこともありますよね。でも猫カフェならば定休日と営業時間をチェックして伺えばいいですよね。お気に入りの子をみつけたらリピートしちゃいます。

もうひとつ、動物愛護団体さんの譲渡会では猫さんはケージの中に入っていることがほとんど。ですが保護猫カフェならばフロアーで自由に遊んでいる状態のことが多いので、生き生きとした自然体の猫さんを見ることができますよね。

ただ、猫カフェですので譲渡会と違って料金がかかります。だいたい、30分700円~1000円スタートのところが多いのではと思います。

2018年7月現在名古屋で稼働している保護猫カフェさんを4つ挙げてみました。 保護猫カフェ ヘミングウェイ (千種区今池)                猫カフェ ひとやすみ (中区錦)                                   

アジアンキッチンand ミラクルキャット (中区正木)             保護猫カフェ めおまるけ (緑区鳴海町)

それぞれのお店が独自の個性を打ち出して、頑張ってらっしゃいますね。緑区のめおまるけさん、日本家屋で畳とかあって、タイカレーとかビールが楽しめるそうですよ。行ってみたいです~。

2017年の大河ドラマで主演を務められた柴咲コウさんも保護猫カフェから猫を迎えられたとインタビューで読んだことがあります。

仕事で熊本へ行った際に立ち寄った猫カフェで何時間も寄り添ってくれた猫さんのことが気になり、東京へ戻ってから再度その猫カフェに連絡を入れ、正式にその猫さんをお迎えしたそうです。

近い将来、譲渡会や保護猫カフェから猫を迎えることが普通で自然、そんな社会が来るといいですね。

それでは、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です