『もふもふモフモフ』をみました & 【看板猫に会いに行く】シリーズに夢の猫本屋さん 

こんにちは。

10月24日の記事で『NHK総合もふもふモフモフに夢の猫本屋キャッツミャウブックスさんが登場します』とご紹介しました。

10月24日の記事はこちらです。まだ立ち上げたばかりのつたないブログにたくさんの方が訪問してくださり本当にうれしいです。ありがとうございました。

さて、10月28日(日)その『もふもふモフモフ』を観ることができました。

ナレーションの堤真一さんの弾けっぷりがたまらないですね♪ 思わず笑いがこみあげてきました。

楽しみにしていた猫本屋キャッツミャウブックスさんの映像が観れましたよー。噂通り猫店員さんが活躍してましたね。

店内を気ままに移動したり(でもお客様の視界になにげに入りこむのがミソです)、カメラを向けられれば愛想よく被写体になったり、ぴょんとお客さんの膝に乗ってみたり、猫好きの心をよくわかってるんですね、あの子たちは。

お客様といえばビールやコーヒーを片手に本のページをめくったり、膝に乗った猫と遊んだり、それぞれが至福の時間を過ごしています。この「ごほうび感」がなんともいえずいいですね。

扱うのはまんが、絵本から学術書まですべてのジャンルの猫本2000冊。仕入れだけで大変そうです💦 でも店主さんは本の達人でもありますから大丈夫なんですね。

もっとすごいのが全売上の10%を猫の保護団体へ寄付しているということ。本だけでなくビールやコーヒーなどの飲み物やグッズ類販売なども対象なんですって。

本を買って飲み物を飲んで、それが会ったこともない見知らぬ猫の幸せに繋がるなんて、とても嬉しい。

夢の猫本屋キャッツミャウブックスさん、これからもどんどんメディアで取り上げられていくと思います。そしてPETomorrow というペット特化サイトの【看板猫に会いに行く】シリーズでも紹介されたばかりです。

【看板猫に会いに行く】シリーズ

描き手は猫マンガ「猫のとらじの長い一日」の作者、今川はとこさんです。

「猫のとらじの長い一日」は今川さんと猫エイズを発症して余命3日と診断されたとらじという猫の闘病記です。今川さんととらじの出会いから別れの日までがとても丁寧に描かれています。

素晴らしいと思うのは、とらじを失った直後の激しいペットロスから深い落ち込みを経て、やがて重い気持ちがとらじへの感謝へと向いてくるまでの心情描写です。

自分に素直に向き合った人ならではの悲しみ、苦しみが伝わってくるし、その悲しみがやがて猫への感謝に向いてきたとき、なぜか暖かいものに包まれるような感覚を味わいました。

「猫エイズ闘病記」という重いテーマでありながら、「猫と暮らすという大切な時間」をあらためて教えてくれる作品だと思います。何回読み返しても、何回でもじんわりしてしまいます。

そんな今川さんが【看板猫に会いに行く】シリーズでキャッツミャウブックスさんを描いていますのでご紹介します。

こちらで読めます。 → 【看板猫に会いに行く】

テレビで放送されなかったエピソードも綴られています。この本屋さんにはもう1匹の猫店員さん「三郎くん」がいること、彼が三郎という名をもらった理由や、三郎という名に込められた店主さん夫妻の願いなどが心に沁みます。

お店の猫4匹が猫エイズキャリアの元保護猫であることを描いているのも今川さんならではの視点だと思います。

今川さんの【看板猫に会いに行く】シリーズは今回でvol.3 。これからも続くのでどんな看板猫さんが登場するのか楽しみですね!。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です