猫を飼うと99.7%幸せになるという調査結果

こんにちは。

猫を飼うと“99%”幸せになる、という調査結果があるそうです。おおお。

猫を家に迎えて、日々をいっしょに過ごし、育まれる幸福感。わかります!私も14年前ある日突然捨て猫を家族にして、未経験の混乱の中でいっしょに過ごしてきましたが、いただいたものは柔らかな幸福感でした。

そして、最近はまた猫のことでささやかな幸福感に包まれております。

それは、

11月1日の記事で飼い主さんを亡くした8匹の猫の世話をお手伝いしていると書きました。その記事はこちらです。→ 猫との距離はゆっくり縮める 靴にスリスリした猫

通い始めて早いもので2ヶ月以上経とうとしています。行くのは1週間のうち4~5日ぐらいかな。

最初は押入れや天袋に隠れて姿も見せてくれなかった猫たち、だんだん私の前に出てくるようになりました。

そして2ヶ月経過、今では私がいても自由に部屋の中を動き回り、ご飯を食べ、トイレをするようになったー。

「ちょっとー、来るの遅いよー。どこでさぼってたの?」

「ちょっと、おやつちょうだいよ、今日は焼カツオね。」

「早くトイレの掃除してほしいんだけどさ。」

「そこの猫じゃらし振ってくれたら遊んであげてもいいよ。」

慣れてくると、どんどん表情豊かになり、おしゃべりになりますね。そうなってくると可愛くってしかたがない。

これが幸福感の始まりかな。

親しくなると最初のころの緊張がなくなったのか、いたずらも増えてきましたが、それもお互いの距離が縮まったということで喜ぶべきか。

この柔らかくて温かい生き物がくれる幸福感にひたる、、、。

99.7%の猫の飼い主が幸福感を感じている

前置きが長くなってしまいました。すみません。

そうです。99.7%の猫の飼い主さんが幸福を感じているという調査結果があります。

ペット保険シェアNo.1のアニコム損害保険株式会社が猫のペット保険契約者に対し、自身と猫の健康状態やライフスタイルについての総合的なアンケート『nekokusei(ねこくせい)調査』(実施期間:2018年2月28日~3月8日、有効回が答数:4,036件)の結果を発表しました。

「猫と暮らし始めて幸福度が高まったか」に対しては「とても高まった」74.6%とと「高まった」25.1%で、合計99.7%という数字をたたき出しました。ほぼ全員の幸福感が高まった、ってことですよね。

猫を飼い始めれば日常のお世話もしなければならないし、医療費やフードのお金もかかる、外出時間も考えないといけない。メリットではないこともいろいろある。けれど猫が家にいるという可愛さや癒し、かけがえのない時間、というのはデメリットをはるかに超えてしまうのでしょう。

猫と暮らし始めて健康になる

そして「猫と暮らし始めて健康になったか」については「非常に健康になった」と「まあまあ健康になった」をあわせて50.8%となりました。

癒しがもたらす幸福感はストレスを和らげるし、猫のために自分も元気でいなければならないという気持ちは健康につながると思います。

幸福感が高まって、健康になれる、人間が猫と暮らし始めて得られる大きなメリット。

でも、ほんとは猫が元気で幸せでいてくれたら、それがいちばんの幸せなんですけどね。

それではー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です