今池のお値打ち居酒屋 金太郎で食べた関サバに感激しました

こんにちは。12月ですね。

今池の居酒屋で偶然「関サバ」をみつけて食べてみたら感激しました!

友だちのHと「ちょっと飲もうかあ。」となって、伺ったのは今池のお値打ち居酒屋「金太郎」さんです。

10月31日にも「金太郎」さんのことをこのブログで書いたので、お暇でしたら読んでくださいね。→ ディープな今池の居酒屋ワールド 金太郎

金太郎
住所   :名古屋市千種区今池1-14-11
TEL :052-733-3958
営業時間:17:30~1:00 定休日 :日祝

いつもの謎の子犬たちの看板が迎えてくれます(笑)。

お通しからすでにボリューミーなコロッケ。生ビールを少し飲んでから気づいて写真撮りました(-_-;)

飲み物は生ビール、チューハイ、ハイボールなどなど、どれでも380円です!

今日の刺し盛680円、超お値打ち。栄の(こじゃれた)居酒屋さんだったらいくらになるだろう?

画像はカキフライのハーフ380円。フルサイズは14個入りで680円。フルサイズのお皿を見るとなぜか笑っちゃうんです、圧倒的すぎて。

ここで友だちのHが目ざとく壁のメニューに「本日のおすすめ 関サバ塩焼き580円」を見つける。

「関サバ、初めてだけど食べてみたい、、、」

しかもその時、お隣のお客さんの前に焼きあがったばかりの「関サバ塩焼き580円」がじゅうじゅう音をたてながら運ばれてきたんですの。たまらず、私たちも「関サバ塩焼きお願いしますっ!」と叫んでいました。

おっきな関サバなのに580円って、採算大丈夫なんでしょうか。

ビールを飲みながら待つこと10分少々、、いや、15分ぐらいかな。

きましたー!

ちょっと色が黒っぽく見えますが、焦げ臭くなく、ちょうどいい焼き上がり。

おいしい!! 脂がのってて、でもあんまり脂ギラギラしてなくて、身がしまってるんだけど柔らかくて、ふわっとしていて、、関サバって初めて食べたけど、こんなにおいしいんだと感激。

関サバ(せきさば)は、豊予海峡で漁獲され、大分県大分市の佐賀関で水揚げされるサバ。関アジとともに、水産品の高級ブランドとして知られる。(ウイキペディアからお借りしました。)

そうなんですね。佐賀関という特定の漁港で水揚げされたものしか関サバではないんですね。三河湾のサバは関サバではないという、、(あたりまえか)。

本当においしいです。サバ好きさんには絶対おすすめです。

お腹いっぱいのくせにまだ食べる。湯豆腐(480円)はお肉がぎっちり入ってます。そしてまだビール飲む。マスターおすすめの〆のうどん(180円)まで食べてしまいました。

満腹してしまいましたー。ごちそうさまです。

関サバは仕入れ状況もあると思うので、お店に電話して確認したほうがいいかもです。それではよい日曜を!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です