栄で買った猫本あれこれ

こんにちは。

昨日はあちこち移動した1日でした。栄で夕方になったので、本を買って帰ることに。12月17日のブログでご紹介した本を買おうと思います。

その記事はこちらです。→『ねこの法律とお金』という本が発売されました

まじめに勉強しようと思って!

『ねこの法律とお金』
監修:渋谷 寛
定価:1,620円(税込)
発売日:2018/12/12
ページ数:198
出版社:廣済堂出版

栄の丸善へ行く前にブックオフにも行ってみました。

気になってた本があったので3冊買ってしまいました。

『野良猫の拾い方』(2018年4月30日初版)豊富な画像と丁寧な説明が嬉しい。こんな本、今まであったでしょうか?「猫は買わずに拾う時代。」が本当に来てほしいですね。

『必死すぎるネコ』(2017年10月25日初版)「おかしくも愛おしい、あなたの街のネコ劇場」、ちょっと疲れたら、紅茶でも入れて、必死すぎるネコたちを見てクスッとしようと思います。

『猫医者に訊け!』(2015年7月10日初版)「先生教えて!あんなことやこんなこと。」著者は1989年千種区に日本最初の猫専門クリニックを開いた鈴木真さん、画はご存知、くるねこ大和さん。

以上3冊をブックオフで買って、丸善に向かいました。丸善は店内に検索機があるんで、お目当ての本の場所がすぐに見つかって便利です。

『猫の法律とお金』はすぐに見つかりました。新刊だからね。

本日は4冊のご購入、満足です。『必死すぎるネコ』以外は全部解説本なので、まじめに読まなければ。そしてちゃんとレビューを書かなければ。

会計へ行く前に、ちょっと気になっていた本を手に取って、チラ読みしてしまいました。そして目から何か出してしまいました(-_-;) これは外で読んだらアカンやつだわ。

これです。『わたしのげぼく』。この上から目線の偉そうなハチ割れに最後やられますので、ご注意願います。大人も子供も、猫を愛するすべての人におすすめです。

それでは、楽しい3連休をお過ごしくださいね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください