トイレの砂かけができない猫

こんにちは。

昨年の9月から友人と一緒に、飼い主さんを亡くした8匹の猫のお世話をしています。

8匹もいるとトイレの使い方はまちまち。

鉱物系の猫砂トイレ×3、システムトイレ×2、木製チップのトイレ×2、計7個というラインナップで通常運転しています。

「トイレの数は猫の数プラス1」とよく言われますが、そうするとトイレ9個必要になってしまう! それは勘弁していただいて。

本当はシステムトイレを使っていただきたいのですが、実際猫たちが使っているのは鉱物系猫砂ばかりです。

きれいなトイレを使いたいのは人間も猫も同じ。トイレ掃除を終わると同時にやってきて用を足す猫たち。観察していると、ほとんどの猫がウンチのあと丁寧に砂かけしています。

しかし、1匹だけ後始末のできない子がいる。

あなたのことですよ。

食いしん坊でお調子者のモックくん。あとから来た子があなたのウンチに砂かけして埋めているじゃないですか。

どちみち掃除してかたずけるんで大丈夫なのですが、ちょっと不思議でした。ウンチに砂かけして埋めない子がときどきいることに。

先週買った『猫医者に訊け!』(株式会社KADOKAWA) をパラパラ流し読みしていたら、ありました、同じ質問が。(P.40)

質問者さん:「猫ってトイレを砂で隠すのが当たり前と思うんですが、隠したつもりになっている子はどうしてできないんでしょうか?」

それに対する猫先生の答えは、

「サラサラで細かいトイレの砂を用意してやってほしい。」

でした。

猫先生によると、年々猫砂の粒が大きくなってきているらしいです。人間が片付けしやすいように、掃除が楽なほうが売れるから、メーカー側もそういう商品を売り出すとのこと。そして、トイレの後の砂かけ、埋めることがヘタクソな子が多くなってきた気がする、と。

できるだけ細かくサラサラな砂を用意してあげることで、上手にウンチを隠すようになれるかも、とのアドバイスでした。

そうなのか。今使っている猫砂は少し粒が大きいかも。

こういうのがいいのかな。

たしかに細かくてサラサラ、固まり方はすばらしい。Amazonのレビューも高評価が並んでる。トイレ回りにめっちゃ飛び散ることと、価格がお高いことを除けば。

猫砂のお話でした。

猫先生のおまけ話: ネコババとは、他人のものをこっそり隠して自分のものにするという意味で、ネコババを漢字で書くと「猫糞」。猫がフンをした後に砂をかけて隠すことから、そういう意味で使われるようになったそう。

でも、ネコババって言葉、最近あまり使わなくなりましたね。

それではー。

 

 

 

 

 

 

 

 

『趣味どきっ!不思議な猫世界』第6回『猫バカ列伝』をみました

こんにちは。

楽しみにしていた昨晩のNHK Eテレ『趣味どきっ!不思議な猫世界』第6回『猫バカ列伝』をみました。

画像は番組にも出演している猫さん。黒ぶちの入り方が個性的。

見逃された方も、再々放送までありますのでご安心を。

本放送(放送済み) 1月14日(月)21:30~21:55(NHK  Eテレ)

再放送 1月16日(水)10:15~10:40(NHK 総合)

再々放送 1月21日(水)11:30~11:55(NHK Eテレ)

各界有名人の猫バカぶりがさく裂

漫画家、小説家、美術家やアーティストなど有名人の猫バカぶりがさく裂します。

長谷川町子、赤塚不二夫、夏目漱石、大佛次郎、朝倉文雄(彫刻家)、そうそうたるメンバーが登場。途中で今のときの人、フレディ・マーキュリー様が猫に捧げた歌『Delilah』が流れます。(もっと映像とかだしてほしかったわー)

個人的な感想ですが、猫バカ度もそれぞれかなと思いました。でも大佛次郎、朝倉文雄は筋金入りというか、別格と言えるでしょうか。あと、猫バカといえばフジコ・ヘミングさんが入ってないのが寂しいです。

生涯で500匹の猫を飼った大佛次郎

文豪・大佛次郎が生涯で飼った猫は500匹なのだそうです。想像もできないぐらいの多さですね。

猫が整列してご飯を食べ、それを文豪・大佛次郎が幸せそうに眺めているこの画像は猫好きさんなら一度は見たことあるのでは。幸せの光景ですね。全部で15匹いるそうです。

(http://osaragi.yafjp.orgより画像お借りしました)

猫は人生の優しい伴侶(大佛次郎)

「猫は僕の趣味ではない。いつの間にか生活になくてはならない優しい伴侶になっているのだ。」(大佛次郎)

趣味や嗜好を超えて、猫はもはやなくてはならない優しい伴侶と語った文豪。今でこそ、コンパニオン・アニマル(伴侶動物)という言葉が使われますが、明治生まれの彼が「伴侶」という言葉を使ったのは、あの時代ある意味とても新しいことだったのではと想像します。

大佛次郎はいつも恵まれない不幸な猫に愛を注ぎました。飼い猫、保護猫だけでなく、通いの猫、住み込み猫(?)の面倒も見たそうです。

近所で「猫好き家族」と知られ、玄関先に捨て猫されることもしばしば、そうやって面倒を見るうちに猫の数はどんどん増え、その結果、生涯関わった猫は500匹と言われています。

旦那を超えるか?大佛夫人の猫バカぶりが素敵

もともとは猫嫌いだった大佛夫人は結婚してから猫好きになったそうです。猫好きになってからは大佛次郎を超えるかのような猫バカであったそうです。

「猫を拾ってくる」「近所の猫に真剣に話しかける」「猫のためにお土産を持たせる」などなど、夫人のおもしろエピソードがたくさん。

夫妻揃っての猫好き、生涯かけてどんな猫にも、特に不幸な猫に愛情を注いだことに、ただただ素晴らしいと思います。猫バカ界の金メダルに値しますよね。

番組感想まとめ

番組予告でフレディ・マーキュリー様の名前も出ていたので期待してたんですが、結局『Delilah』の曲を少し流しただけでした。もっと映像やインタビューあったらなあ。全国のお茶の間で「え、これだけ?」って言ってるんでは。

25分の放送時間で何人も紹介するので、少し内容薄くなっちゃったかな、という印象もあります。大佛次郎と朝倉文雄だけを掘り下げたら濃くなったかな、と思います。(濃すぎるか、、マニアすぎるか、)

来週は1月21日(月)21:30~21:55『第7回 ことわざになった猫』です。番組予告でゲストの杉本彩さんがチラッと映っていました。

それではー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月14日のNHK Eテレ趣味どきっ!『猫バカ列伝』が楽しみでしかたがない

こんにちは。

昨年の12月3日から始まったNHK Eテレ『趣味どきっ!』の『不思議な猫世界』は昨晩に第5回が放映され、いよいよ後半戦に突入しました。

『不思議な猫世界』シリーズ関連記事はこちらです。→ 意外と楽しいEテレ『趣味どきっ!』の新シリーズは『不思議な猫世界』

スタートから昨日まではこんな感じで進んできました。

第1回「繰り返す猫ブーム」12月3日

第2回「日本に猫がやってきた」12月10日

第3回「怪奇なる猫」12月17日

第4回「幸せを運ぶ猫」12月24日

第5回「武将と猫とお姫様」1月7日

長い日本の歴史の中で、猫はどこからやってきたのか、どのように日本の社会の中で定着したのか、天皇家や貴族と猫の関係、武家や武将と猫の関係、庶民と猫の関係などなど、学校では習うことのなかった「日本史の中の日本人と猫の関係」がわかりやすく紹介されていました。

あの豊臣秀吉が猫好きで茶トラの猫を飼っていたって知ってました?織田信長と徳川家康は猫好きではなかったらしいですが。

あの天璋院篤姫も猫好きで、旦那の徳川家定に内緒で、三毛猫をそれは大事に大切に飼っていたんですって。その三毛猫の年間餌代は現在の貨幣価値で200万円以上だったそうで。

この番組がなかったら、秀吉や篤姫が猫好きだったことを一生知らずに終わっていたと思います(おおげさ?)。

なかなか楽しかった『不思議な猫世界』の前半戦でしたが、私がもっと楽しみにしているのは来週からです!

第6回は『猫バカ列伝』1月14日21:30~21:55

タイトルだけでワクワクしませんか? 今すぐ見たくないですか?

作家・漫画家・アーティストなど有名人の心温まる猫バカエピソードの数々を。

登場するのは長谷川町子、赤塚不二夫、夏目漱石など猫バカぶりもスケールデカそうですね(笑)。

そして大注目は、あのフレディ・マーキュリー様です! 昨日はゴールデングローブ賞2冠おめでとうございます(映画が)。前評判ではガガ様の『アリー』が本命だったそうだけど、それを押さえて見事な受賞、すごいです。

『ボヘミアンラプソディー』の中でもフレディ様の猫バカがさく裂してましたね。海外から国際電話で猫に話しかけてたり(昔は国際電話がめちゃくちゃ高かった)、猫のゴロゴロ音がおしゃれに使われていたり、すてきな猫映画でもありました。

彼が実際に飼っていたのは動物病院などから引取った保護猫たち、という情報もあり、そのあたりも含めて興味津々です。

愛すべき『猫バカ列伝』楽しみです。早く14日にならないかな(子供みたいですね)。それではー。

 

 

 

 

猫の脱走防止用柵を100均素材で作ってみた(玄関編)

こんにちは。

100均で調達できる材料で猫の脱走防止用の柵を作ってみました。今回は玄関編で、材料はダイソーで購入しました。

柵の設置場所は、とあるマンションの玄関。昨年9月に飼い主さんが亡くなり、残された8匹の猫たちのお世話をしている場所です。

外からきて玄関の鍵を開けていると、活発な子が飛び出しそうになり、心配になります。

「脱走防止の対策しないと、、、」お金をかけずになんとか自作で柵が作れないものかと、ネットで調べてみたら、いくつかありました。しかも100均で調達できる材料で。やったー!さっそく始めよう。

心配な場所は『玄関』『ベランダ』『窓』なのですが、まずは玄関から始めようと思います。

出来上がりはこんな感じになります。どうです? なかなかいいでしょ。(誰も褒めてくれないので自画自賛してみる)

まずは寸法を測る

いちばん天井の低くなっている箇所に設置することにしました。それがこの場所で、測ってみたら縦187㎝ⅹ横98㎝でした。

ダイソーへ行く

ダイソーじゃなくても他の100均でも大丈夫です(笑)。突っ張り棒もワイヤーネットもメーカーそれぞれサイズが違うので、お店へ行く前にネットなどでチェックしてみてくださいね。

突っ張り棒はいちばん長いサイズで190㎝まで対応のにしました。(300円/1本)

ワイヤーネットはたくさんサイズがありました。62ⅹ40㎝(オフホワイト200円)を6枚購入、あとは結束バンドを一袋。結束バンドは長めのものがいいです。はみ出た部分は後で切ればいいので大丈夫。

合計税込み2052円でした

  1. 突っ張り棒(190㎝まで対応) 300円×2=600円
  2. ワイヤーネット(62㎝×40㎝) 200円×6=1200円
  3. 結束バンド          100円×1=100円

小計1900円で税込み2052円のお買い上げです。

家へ戻って組み立てる(所要時間30分)

玄関の両端に突っ張り棒を立てる。このとき結構強めに突っ張るようにする。そうしないと簡単に倒れたりします。天井や床にあたる部分が安定しないときはシリコン製のクッション材などを当ててみるとどうでしょう。

突っ張り棒を立てたら、結束バンドでワイヤーネットを固定させていきます。突っ張り棒の部分はぎゅうぎゅうに締め付けないほうがいいです。ワイヤーネットの部分を開け閉めするので少しだけ余裕を持たせます。

開閉部分は観音開きにしました。そのほうが1本の突っ張り棒に負荷がかからないかな、と思って。

ワイヤーネットのサイズがトータルでぴったりこないので、部分的に重ねたり、ずらしたりして調整します。

これで出来上がり! 観音開きの中央の留め具でいいのがなかったので紐で結んでいます。所要時間30分、思ったより簡単に早くできました。

お金をかけなくても100均素材で脱走防止用の柵が簡単にできますので、もしよかったら試してみてくださいね。

それではー。

 

 

 

静岡市の迷い猫を名古屋で保護 マイクロチップは必要か

こんにちは。

今年も今日含めてあと4日。仕事納めに大掃除、お正月の用意、体はひとつなのにやるべきことは山ほどあって、、息も絶え絶えな皆さん!あとちょっとだけ頑張れば正月です。いっしょにがんばろー。

おとついの26日『静岡市の飼い猫を大須観音で保護』というニュースが流れました。

静岡市の飼い猫が行方不明になって1ヶ月が経ち、飼い主さんが心配していたところ、名古屋市愛護センターから電話が入った。名古屋市の大須観音で保護された猫のマイクロチップを確認したところ、静岡市に住む飼い主だと判明。迷子猫さんは翌日迎えに来た飼い主さんと喜びの再会を果たしたとのことです。

よかったですね!暮れでフラフラな私たち猫好きにとっても嬉しいニュースでした。この飼い猫さんはとても幸運だったと思います。

幸運というのは、ひとつは静岡市で行方不明になって名古屋市で保護されるまで、事故にあわずにすんだこと、もうひとつはマイクロチップを装着していたことです。

もしマイクロチップが入っていなければ、飼い主さんが名古屋市に迷子届を出さない限り飼い主判明できなかったと思います。静岡市に住んでいる飼い主さんが名古屋市まで可能性として考えたか、どうでしょう。

ペットのマイクロチップ装着はまだ義務化されていませんが、猫の迷子や災害時には、飼い主特定できる有効な手段であると思います。

マイクロチップの登録については2018年6月の時点で猫は371,362件、まだ多くはないとはいえ、登録数は増え続けているそうです。

マイクロチップ装着の費用については、数千円~1万円ぐらい。ちなみに私がお世話になっている獣医さんでは5千円です。

またメリットがあれば、デメリットもあります。猫の体にとって害がある可能性はゼロではないし、体内で破損する可能性もあります。少ないながら事例があるので、装着するか決める際に考慮したほうがいいかもです。

また、マイクロチップはGPSではないので迷子になったときに追跡はできないということもあります。

いずれにしても、26日のニュースの迷子猫さんはマイクロチップ装着で飼い主さんと再会できました。

本当に良かったと思うと同時に、やはり今後は室内飼いしてほしいなあと思います。外での事故はこわいですし、他の猫とけんかをして病気やウイルスをもらってくる可能性もありますから。少なくとも家の内外出入り自由というのはやめたほうがいいですよね。

それでは。

 

猫の柄で性格判断っていうけれど 週刊朝日ネコ特集号を読んで

こんにちは。

12月18日発売の週刊朝日が『まるごと一冊ネコ特集』だったので、買って少しずつ読んでいます。記事のひとつに『よく当たる⁉ 猫の柄で性格診断』というのががあったのですが、ちょっと微妙でした。

12月18日の記事はこちらです。→  まるごと一冊ネコ特集の週刊朝日を買ってみました

毛柄で性格判断、何が微妙かというと、「うんうん」と納得できる部分もあれば、ぜんぜん当てはまってない部分もあって、、、。

やっぱり猫の性格って、個体差や育った環境、人間との関係とかが大きく関わってくるんじゃないでしょうか。毛柄だけが大きく関係してるわけではないと思います。

これから猫を飼いたいと考えてる方がいらしたら、毛柄による性格診断はあくまで参考に留めるぐらいで、あんまり気にしなくてもいいと思います。

とはいってもちょっと気になるので、週刊朝日の猫性格判断をタイトルだけまとめました。

  1. 甘え上手な茶トラ エサのあげすぎに注意
  2. ハンター気質なキジトラ 遊ぶ時間をたっぷりと
  3. ミケのほとんどがメス 捉えどころのない性格とは
  4. サビは気難しい お嬢様気質なだけ
  5. 個性豊かなブチ 性格を見極めて
  6. 賢い白には気遣いを 室内飼いがベスト
  7. やんちゃな黒 活発さも受け止めて対策を

たとえば、うちはサビ猫を飼っています。サビ猫の性格判断を見てみると、「警戒心が強い」「気が強い」「わがまま」「臆病」な部分が強い。逆に「従順」「社交的」な部分が低い、となってます。

この性格判断を読んでみると、うちのサビ猫はむしろ逆じゃないかと思ってしまう。

ピンポンが鳴るだけで玄関でスタンバイするし、初めてのお客さんにも近寄っていく警戒心のなさとか、社交的なところとか。猫だからマイペースなのは当然だけど、わがままじゃないし、気難しくない、むしろ気がいいぐらいかも。

当てはまるところといえば、そこそこ社交的なくせにベタベタしないところかな。

サビ猫気質のタイトルは「サビは気難しい? お嬢様気質なだけ」とありますが、正直ピンとこないです。うちには4歳年上の犬がいて、その先輩犬の後ろについて育ったので、そういうのも影響しているかもしれません。

そんなこんなで猫の毛柄による性格判断は、まあ、そんなに気にしなくていいかなと思います。人間の星占いや血液型占いみたいに気楽に考えてもいいのでは?

これから猫を探す方は毛柄の性格判断よりも、譲渡会で保護主さんに性格を聞いてみるほうが確実です。丁寧に教えてくれますよ。何でも聞いてみるといいと思います。相性の合う性格の猫が見つかるといいですね!

今日はクリスマスイブ、それでは楽しいクリスマスをお過ごしくださいね。

 

 

 

 

『ねこの法律とお金』という本が発売されました

こんにちは。

初の猫専門法律ハンドブックが刊行されました。

毎日の猫との暮らしの中で、あってほしくはないけど万一トラブルに遭遇してしまったらどうする? そしてトラブルと共に発生するお金の問題、どうする? そんな質問に法律の専門家がわかりやすく解説してくれる本です。

ペット全般に関する法律相談の本は今までもあったような気がしますが、「猫専門」の法律ハンドブックは初めてではないでしょうか。

そういえば猫をめぐるトラブルとかお金の話って、日常でもときどき耳にするような気がします。

「ペット不可の賃貸物件で猫を飼っていて大家さんに見つかってしまった」

「賃貸物件で猫を飼っていた。退去のときに敷金が戻らなかった」

「うちの猫が脱走して隣家の車に爪傷をつけてしまった」

「自分がもし先に死んだときに愛猫にもお金を遺したい」

などなど考えればいっぱい出てきますー。しかも、どれも現実的にありそうな話、いや本当にある話ばかり。

で、これらの問題に対する答えを知っているか、また実際起こってしまったら素早く対処できるか、といえば自信がないですよね。

時間がなくてゆっくり読めなくても、1回サラッと流し読みしてみて、だいたいの内容を頭に入れておくのもいいかなと思います。いざというときに慌てず、冷静に対処できるために必要かもしれません。

内容と構成はこんなふうになっています。

第1章 猫のいる日々の暮らしと法律

第2章 猫を取り巻くご近所トラブル
第3章 ペットサービス・獣医療トラブル

第4章 愛猫とのお別れと手続き

第5章 愛猫のための「お金」と制度

第5章の愛猫のための「お金」と制度は興味深いですよ。「離婚したら猫の養育費はもらえるのか」とか「猫に遺産を遺したい」とか。読んでみないと想像もつきません。

猫を愛し、まじめに一生懸命生きていても、トラブルや問題にぶかるときはぶつかるものです。この本に目を通しておくだけでも、不測の事態で慌てずにすむかと思います。

12月12日に発売されたばかりです。私もまだ買えていないんですが、早めに購入して読んでみようと思います。不動産関係のトラブルなんかも勉強しないと。

表紙絵は私が大好きな、くまくら珠美画伯のです。いつ見てもいいですね!

もうひとつ、この『ねこの法律とお金』は『ねこ検定』中級・上級試験のサブテキストに指定されています。『ねこ検定』受ける人いらっしゃいますか? 法律やお金のことまで試験範囲なんですね。すごく範囲広くないですか?たしか試験は3月ですよね。

『ねこの法律とお金』
監修:渋谷 寛
定価:1,620円(税込)
発売日:2018/12/12
判型:A5判
ページ数:198
出版社:廣済堂出版

それではー。

 

 

 

 

 

 

 

ご長寿ペットフォトコンテスト2018のBookが届きました

こんにちは。

「ご長寿ペットフォトコンテスト2018」という企画がありまして、入賞犬猫はもちろん、応募された犬猫全員の画像が掲載されたBookがいただけます。

(2018年度は9月22日に締切、受付終了しています)

今週うちにも届きましたよ!

「ご長寿ペットフォトコンテスト2018」おもしろそうだったので、このブログでも記事を書きました。応募した方がいらしたら嬉しいな。

8/13    ご長寿ペットフォトコンテスト2018

9/15    ご長寿ペットフォトコンテスト締切近づいています

本はB5サイズで205ページ、1㎝も厚みがあります。けっこうなボリュームです。それもそのはず、参加総数は、

犬 3170頭  猫 1446頭

なんです。そして全頭の画像が掲載されていますから、ボリュームがあるんです。締切り前にも思いましたが、犬に較べて猫の応募が少ないですね。来年は猫も増えてほしいな。

表紙はご長寿グランプリ犬の部、クッキーちゃん♀(18歳)と猫の部トラちゃん♂(14歳)です。

やっぱりグランプリの写真って、犬猫がいきいき撮れてて、躍動感があって、背景もきれいで、見習うところだらけです。ご家族のコメントも心温まるわ。

ほかにも賞ありますよ。プリティ賞、ユーモア賞、ハンサム賞、スヤスヤ賞、石田卓夫審査員特別賞、ロイヤルカナン特別賞、ユニ・チャーム特別賞、などなど。

ご家族のコメントが温かすぎて泣ける、、、。

惜しくもグランプリは逃しましたが(惜しくない)うちの老犬ちろも載せていただきました。共立製薬さん、ありがとうございます。大切な思い出になります。

応募したときは17歳だったんだー。あのあと18歳になったもんね。

今年のスケジュールはこんな感じでした。↓

8/11   エントリー受付開始

8/16  エントリー画像Webに反映開始

9/22  エントリー締切・審査開始

10/31  Web上で結果発表!

12月上旬 各賞商品・Bookの発送開始

今年で11回目ということです。来年のことはまだアナウンスされていないけど、きっと開催されると思います。8月になったら共立製薬さんのHPをチェックしてみてはいかがでしょうか。

7歳以上の犬猫さんが対象になります。7歳でシニアって、まだ実感わかないけどね。でもそれはそれで記念になりますから。

かわいい写真、おもしろい写真が撮れるように今から練習するのもいいですね。

それではよい週末をお過ごしくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

長楽寺動物霊園でお参り

こんにちは。

昨日の午前中に長楽寺動物霊園に行ってきました。

お友達の飼い猫なんだけど、私にもとてもなついてくれた子の命日だったんですよ。昨日で3回目の命日が来ました。長楽寺の動物霊園に納骨、供養されているんで、命日に合わせてお参りに行ってきました。

昨日の記事で「りんご猫の日」のことを書いたんですが、その子も「りんご猫」でした。猫エイズ(FIV)のキャリアだったんです。

成猫で保護されて10年と少し、友人の家の子でした。だから年齢不詳。少なくとも12歳以上かな、獣医さんは「15歳ぐらい?」って言ってましたけどね。成猫になっちゃうと先生も判断しずらいようです。

最終的には腎不全で亡くなりました。飼い主である知人が当時忙しかったこともあって、私も仕事終わってから介護のお手伝いに通ったなあ。通院や皮下輸液もがんばったねえ。

亡くなった後日、先生からほめられましたよ。(もちろん猫を)

「最後までよくがんばったね。もうだめかもしれない、というときが一度あったけど、あそこを乗り越えたときはすごいと思った。」

そうそう、明るくて頑張り屋で、人懐こい、でも知らない人には少しシャイだったよね、自分の飼い猫じゃないんだけど、私の自慢のきじとら猫でした。

やってきました、長楽寺。雲ひとつない快晴です。

長楽寺動物霊園  名古屋市南区呼続4丁目13-18

地下鉄だと桜本町から歩けます。車だと東海通を西向きに来て、呼続小学校と新郊中学校の間の道を南に進むと山門に突き当たります。山門で猫の石像が迎えてくれる。

駐車場もここにあります。今日は12台ほど停まっていました。

本殿の正面、ここで葬儀や供養をやってくださいます。

今日も何組か予約が入っているみたい。

犬猫の里親会、譲渡会のチラシがたくさん。長楽寺さんはこういう活動も熱心に進めていらっしゃいます。定期的に譲渡会がありますよ。

動物の供養塔。ここでお参りします。

同じ命日なのか、何組かの飼い主さんが来ては手を合わせていました。きれいなお花だとか、生前その子が好きだったおやつだとか、手書きのメッセージとか、たくさんの品物と気持ちが供えられています。

手書きの手紙を持ったご家族と一緒にお参りしました。愛されてたんだなー。

いつもきれいに整えられて、お花やお供えもたくさんあって、そしてなによりも、毎日たえず人が来ては手を合わせてくれる。寂しくないよね。

あの盲導犬サーブもここで眠っているんだよね。

供養塔のすぐそばに庭園が広がっています。紅葉も少し残っていました。

池もあります。

「また来るね。」もちろんまた会いに来ますよ。早く暖かくなるといいね。

長楽寺さんのホームページはこちら → 長楽寺動物霊園

毎日更新のブログもありますよ。 → 長楽寺動物霊園 ブログ

それではよい週末をお過ごしくださいね。

 

 

 

 

 

 

「りんご猫の日」という日を知る

こんにちは。

昨日12月12日は「世界りんご猫の日」だったそうです。

「りんご猫」って聞きなれない言葉ですよね。私も「りんご猫」のことを知ったのは1年ぐらい前です。それもそのはず、「りんご猫」という言葉が誕生したのは4年前、まだまだ知っている人は少ないし、これから社会に浸透していくといいな、という言葉なんですね。

「りんご猫」は猫エイズのウイルスキャリア猫のことです

正しくは猫免疫不全ウイルス感染症(FIV)なのですが、その症状が人間のエイズのそれに似ていることもあり、猫エイズとよばれることがほとんどです。だけど人間のエイズHIVとは全く別物のウイルス。だからこのウイルスが猫から人間に感染することはありません。

だけど、どうしても偏見がつきまとう。

「人間にうつる」「簡単に猫から猫にうつる」「すぐ死んでしまう」などという事実と違うイメージが強くあります。

そのため、せっかく保護されても里親が決まりにくいというのが現状。

たしかにFIVは発症してしまえば治ることのない、とても怖い病気であることに間違いありません。ただその一方で、ウイルスキャリアでありながら発症せず、普通の子と同じように一生をまっとうできる子もたくさんいるし。

猫ボランティアをしていたときの経験ですが、猫エイズ(FIV)ということを理解したうえで猫を引き受けてくださる里親様も、多くはないけど世の中には確かにいるということを知りました。

猫エイズのキャリアであることがわかったら、その猫を引き受けるか、そうでないかは里親希望者さんの判断にゆだねられるわけで、病気のリスクを考えれば辞退されるのもやむを得ないと思います。

けれど、過剰な偏見はなくなったほうがいいと思います、ほんとに。

というわけで、親しみやすい呼び方で「りんご猫」になったんだそうです。

「レッドリボン運動」と「りんご猫」

「レッドリボン運動」、エイズで亡くなった人への追悼の気持ちと、エイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すそうとする、世界で広がる運動とのことです。

その「レッドリボン運動」のシンボルカラーである赤からイメージできるのは親しみやすい「りんご」。「りんご猫」は4年前に猫保護団体「ネコリパブリック」さんによって命名されました。

さてこの「りんご猫」という言葉、これからじわじわと日本の社会に浸透していくのか、それとも「知っている人は知っている」ワードとして留まるのか。

飼い主としては「りんご猫」であっても、そうでなくても、健やかで長生きしてほしいとしみじみ思います。

それでは。