謎の映画祭発見 シャチホコ映画祭2018

こんにちは。

偶然に謎の映画祭を発見しました。開催は明日11月10日(土)です。気づくのが遅く、急な告知でごめんなさい。

読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋、そして映画鑑賞の秋が到来です。

今日から「ボヘミアンラプソディ」が始まるし、いや、それ以前に「カメラを止めるな」すらまだ観れていないし。そんな混乱状態にまたひとつ気になる映画が増えてしまいました。

「東海地方初上映」のドキュメンタリー力作4本。まずは気楽に足を運んでみてはいかがでしょうか。

知ることは第一歩。知ることは力。知ることによって自分にとって大切な何かがはじまるかもしれません。

 

◎日時:2018年11月10日 土曜日 開場12時30分 上映時間13時〜19時

◎会場:Latin Bar São Luis サンルイス〒453-0015  名古屋市中村区椿町13-24

◎お問合せ ✉ teamfukushima0311@gmail.com

 

昨日の夜遅く、携帯いじっていて偶然見つけました。

「しゃちほこ映画祭?」

聞いたことない、、、、なんとも楽しいネーミングだけど。それもそのはず、今回が第1回の開催だそうです。

毎回そうなるのかはわかりませんが、今回はドキュメンタリー4本です。しかも東海地方初上映作品ばかりです。

【プログラム】

※『原発の町を追われて3 双葉町 ある牛飼いの記録』(2017年 30分)13:00~

※『インド日記~ガジュマルの木の女たち』(2016年 100分)14:15~

※『映像とトークで伝える 多摩川ねこ物語』(45分)16:30~

※『ヒューマンエラー 安全を信じていた。しかし・・・』(2017年 60分)17:30

 

時間が許せば全部観たいところですが、今回特に観たいのは16:30~からの『映像とトークで伝える 多摩川ねこ物語』です。

東京は多摩川の河川敷で暮らす猫たちを29年間にわたって支援している広告写真家小西修さん。

一見美しい自然広がる多摩川にも、虐待や空腹から生き延び、心ある人間に助けられて生きざるをえない猫たちの厳しい現実があります。小西さんは長年かれらを支え、かれらの生きた証を残すためにカメラのシャッターを押し続けている人です。

何年か前にNHKのドキュメンタリー番組で小西さん夫妻の活動が取り上げられていて、その番組を見たことがあります。美しく流れる多摩川、でもその両岸には野良猫の残酷な現実があって、そこで休みなく動き働く小西さん夫妻の姿が印象的でした。

映画祭当日には小西さん自身が来られ、ゲストトークがあるのと同時に「多摩川の猫 写真展」も臨時開催されるみたいです。映画を見るだけよりも深く多摩川の猫たちのことを心に刻むことになりそうですね。

先日シリアで救出されたジャーナリストの安田順平さんの「自己責任論」をめぐって議論が繰り広げられました。が、彼が危険を冒してでも現地から伝えたかったことは何だったのか、それが議論から遠く置き去りにされていたようで残念でした。

大切なのは伝えることじゃないですか。誰かが伝えなければ真実も現状もわからないから。

「多摩川の猫」の現実についても小西さんが伝えなければ知ることはなかったと思います。

あ、話が映画祭から逸れてきそうですね。とにかく気楽に足を運んで、視覚と聴覚で得たものを自分なりに感じてみればよいのでは。飲食やお買い物のスペースもあるみたいで楽しめそうですね。ご興味ある方はぜひ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

覚王山秋祭2018に行ってきました

こんにちは。

ぶらりと覚王山秋祭りへ行ってきました。いろんな猫(モチーフのね)を見つけましたよ。

覚王山の参道って猫が似合うと思いませんか。実際に参道で猫たちがくつろいでいるわけじゃないんですが、イメージとして猫がしっくりする気がするんです。

参道に並ぶお店はどこか文化やアートを感じさせるけど、その一方でじわっとくるノスタルジー感にはやはり猫がぴったりくると思います。

伺ったのは11月4日(日)秋の小雨が降っていてちょっと残念です。人出は少ないかと思いきや、たくさんのお客さんで参道は賑わっていました。若い世代が多いですね。たくさんのブースが立っています。

クリエイターズ的なショップや食べ物屋さんいろいろ。

参道横の道にもブースが並んでいます。お饅頭屋さんもあった。

ワイン、生ビール、サンドイッチとかフランクフルトのお店です。こんな感じの楽しい食べ物屋さんがいっぱい。

猫雑貨屋発見! 「ねこまんま」さん。猫をモチーフにしたハンドメイドの指輪やピアスがかわいすぎです。

ディスプレイもおしゃれでかわいいです。やっぱり覚王山参道には猫が似合います。

紅茶専門店「えいこく屋」さんで休憩します

このへんでお腹がすいてきました。お祭りだし外のブースで食べたかったんですが雨が降り止まず、「えいこく屋」さんへ入りました。紅茶とインドカレー専門店。

インドセット(1400円)にしました。小えびのカレー、ターメリックライス、サモサ、そして小さなデザートとチャイが付きます。デザートとチャイの画像を撮り忘れてしまいました。ごめんなさい。

カレーはマイルドで食べやすいです。スパイシーなのが好みなんですがたまにはマイルドもいいな。ライスの横の付け合わせ、玉ねぎのスパイスあえみたいなのがおいしいです。

そして、やっぱり紅茶専門「えいこく屋」さんですねー、チャイがおいしいです。紅茶の成分がしっかり出てて、牛乳も濃厚で、満足。雨降りで少し冷える日には嬉しいです。

壁の額には外国の切手が。ネパールのかなぁ。「えいこく屋」さんってBGMがないですね。混んでいても落ち着ける空間があります。大人の休憩所ですね。

えいこく屋さんでまったりした後はもう少しぶらぶら、と外へ出るとさっそく猫を見つけました。

名古屋で活動する猫保護グループ「きーちゃんち」に出会う。

赤い手作り風テントが目を引きます。このテントの写真の子が「きーちゃん」なのかな。

「きーちゃんち」とは、殺処分ゼロを目指し、 名古屋にてTNRや、譲渡会を開いたりして活動するグループです。

ブログはこちらです → きーちゃんちしんぶん

テントの回りは猫関係のチラシやポスターで埋め尽くされています。猫愛でできているようなブース。

猫好き作家さん提供の作品や雑貨も展示販売されていて、売上は活動費になるそうですよ。

里親募集ポスターもたくさん! そしてこのポスター、このブースだけではなくて他のあちこちのブースにも貼ってありました。素晴らしい営業力ですね。

きじとら率の高さよ。やっぱりいいですね、きじとらは。

子猫の里親募集たくさんあります。苦労の多いボランティアなのに元気で明るいメンバーの方ばかりでした。ありがとうございました。そして里親募集中の子達に良いご縁がありますように。

午後5時ごろ、そろそろお祭りも終わるころになって雨は降り止み、雲の間から夕陽がさしてきました。

楽しかった。また来年、つぎは参道春祭りですね。それでは。

 

 

 

 

 

 

 

赤字覚悟らしいです 柳橋とらふぐ鍋ガーデンへいって大満足でした

こんにちは。

柳橋でとらふぐデビューしてきました。

「とらふぐ」といえばお会計で諭吉さんを1枚、いや2枚払って、、いえ、違います。コースで3980円~7000円(税別)です!しかも2時間30分の飲み放題付きなんです。

今まで高級食材には縁のない人生を送ってきましたが、今回はおいしくてお値打ちなものに目ざとい友人が誘ってくれました。

場所は柳橋市場内のマル中食品センタービルの屋上です。

マル中食品センタービルまでくると、かなり大きな立て看板があります。

このビル(というか市場)の中にも、そして外にもおいしそうな飲食店がひしめく、、立派なグルメ街を形成しています。。土曜日の夜、市場はとっくに休場なのにもかかわらず、あたりは結構なお客さんで賑わってますよ。

さて、どうやって屋上まで上がるのかな、と導線を探していたら案内のスタッフさんが声かけてくれました。よかったー。市場なので一般のお客さんが自由に動けるように造られてないんですね。案内スタッフさんいなかったら市場の回りをずーっとさまよっていたわ。

スタッフさんに誘導されて業務用エレベーターで屋上までいきます。降りたらそこには祭りの世界が(笑)。テーブルにはすでに土鍋やお皿がセッティングされています。友人が予約してくれてて、ありがとうね。

「とらふぐ」は10月26日にスタートしたみたいで、まだ席は半分ちょい埋まっているぐらい。でも12月になったら混んできそうですね。電話で予約したほうがよいかもですね。

予約してもらってたのは「女子会コース3980円(税別)」でした。でも、とらふぐのコースなんですよ。飲み放題もちゃんと2時間30分ついてます。やったー。

まずは前菜のような重箱がきます。煮物、かぼちゃサラダ、カキフライ、魚の佃煮みたいないろいろ。これをつまみながらビールを飲み、ふぐ鍋が煮えるのを待ちます。あー幸せな時間。ビールが進むよどこまでも。

ビールはサントリーのプレミアムモルツ。サッポロやキリンがあると嬉しいんだけどな。ワイン、日本酒、サワー、ハイボール、ソフトドリンクすべて飲み放題です。どんどんいきましょう。

手前がてっさ、後ろがふぐ鍋の材料です。ふぐはたっぷりあります、楽しみー。てっさはポン酢でいただきます。ぷりぷりしててうまい。ふぐ鍋もアツアツぷりぷりです。

ふぐ鍋が進んだところでスタッフさんが声をかけてくれます。ふぐのだしがたっぷり出ているスープで雑炊を作ってくれます。溶き卵がちょうどいい具合に煮えてたまりません。ビールとふぐ鍋で結構お腹がいっぱいなんですけど勢いで食べれる。やっぱいこれだわね。

いっぱい飲んで食べて大満足。私たちは女子会コース(3980円)だったのでメニューは以上だったのですが(女子会コースで充分お腹いっぱい)、とらふぐコース(5000円)にすると唐揚げやデザートも付くそうですよ。完食に自信ある方はどうぞ!

この料理内容と価格で2時間30分の飲み放題付きってあんまりないお値打ちだと思います。このシーズン中にもう一回行けたらいいなぁ。

あと、屋上ということでこれから気になる寒さですが、ビニールシートで囲って外気をシャットアウトしてます。あと、ストーブも用意してあります。私たちが伺った日は暖かかったのでストーブはついてませんでしたが。

それでも季節は進み寒くなるから、気になる方は厚着をしてひざ掛けとか持っていかれるのもいいかもしれません。

[営業期間]  2018年10月26日(金)〜翌2月3日(日) [ 休業日 ] 月曜日 /
[営業時間] 
open 平日17:30〜 / 土日祝15:00〜 close 23:00 (料理LO 22:00 / ドリンクLO 22:30)
[予約専門番号]
 052-571-5545  (受付時間:12:00 〜 18:00)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっしょに考えませんか Let’s 地域猫セミナー2018があります 

こんにちは。

今週末11月11日(日)桜山の名古屋市立大学で「地域猫セミナー」が開催されます。

猫が好きな人、外猫の現状に胸を痛めている人、猫が苦手で街に増えてほしくない人、猫トラブルで頭を抱える町内会役員さん、1人で悩まないで意見を出し合って解決策を探りませんか?

公園や駐車場で野良猫がくつろいでいる光景を見かけるのは日常でありますが、それを見てどう感じるか、何を思うのかは人それぞれだと思います。

「かわいい、癒されるー。」と猫好きの人。

「糞はするし、鳴き声はうるさいし、まったく迷惑。」と猫が好きでない人。

「これから寒くなるし、外の生活はかわいそう。」と猫の心配をする人。

そして猫にまったく関心がない人。

世の中はいろんな考えの人で構成されています。猫好きな人ばかりではないし、逆に猫嫌いな人ばかりでもないです。なにが地域にとって、猫にとって最善なのか考えている人もいるし、逆にまったく無責任な人もいます。猫をめぐっての地域トラブルって実は人間が起因してた、ってことも多い。

私は朝と晩に老犬の散歩で公園を利用していて、そこでも野良猫を見かけます。夜8時を過ぎると自転車で来て餌をまいて、あっという間に走り去ってしまうおばあちゃんがいるんです。なんで走り去るのか、きっと苦情を言われるからでしょう。

昔は「えさやり禁止!通報するぞ」みたいな過激な看板もありましたが、今は「餌をあげたら片付けて。避妊去勢手術もお願いします。」とマイルドな表現になった看板(行政作成)をたくさん見かけます。

だからおばあちゃん、逃げるように走り去らなくていいのに。

きちんと片付ければいいだけの話。でも、現実はそうでもないです。いまだに「通報するぞ」的なおじいさんいるし、「そんなに好きなら家へ連れていけ。」みたいなことを言う人もいるみたいです。

法律や行政が変わってきても、人のメンタルってそう簡単に変わらないのかも。

そんなんで猫をめぐるトラブルってご近所だけではなかなか解決が難しく、突破口が見つからなかったりします。

今回の「地域猫セミナー」の主催者はボランティア団体のみなさんで、講師は地域猫コーディネーターの方や弁護士さん。ともに現場を知る人々が豊富な経験をもとに解決策を探る、とのことです。

何年も前ですが、テレビで「ご近所トラブル解決!」みたいな番組を見ました。猫嫌いさん、餌やりさん、猫ボランティアさん、無関心さん、それぞれの言い分がかみ合わない都内のある町内会。その現場へ行政の猫問題専門コーディネーターさんが入り、猫トラブルを解決していくという番組でした。

了解を得たお宅の庭に猫トイレを設置し、猫ボランティアさんは避妊去勢手術を進め、えさやりさんはきちんと片付けをして、それぞれができることを確実にやって。

とくに庭の猫トイレ作戦は効果があったようです。数か月後には猫トラブルをめぐって対立していた住民たちの関係もずいぶん改善されました!

「猫もいいもんだな。」かつて猫嫌い派だったおじいちゃんがそう言ってるのを聞いてびっくりしました。人間変われば変わるものですね。なんだか私も嬉しいです。

やっぱり人間同士の問題なんだな。

言い分がかみ合わなくて対立ばかりしている住民の中に行政からノウハウを持った人が入ったのも大きいと思います。

猫好きのためにも、猫嫌いのためにも、関心のない方のためにも、猫は増えないほうがいいです。そのためにみんなで考えることは大切ですよね。

猫が悪者にならないためにもね。

 

地域猫セミナー 11月11日(日) 13:00~16:30 

名古屋市立大学  桜山キャンパス さくら講堂

 

 

 

 

 

 

 

11月3日4日は2018覚王山秋祭

こんにちは。

覚王山秋祭 11月3日(土)4日(日)

日に日に秋が深まってきました。今週末11月3日(土)、4日(日)は覚王山秋祭です。秋の日差しを感じながら覚王山の参道を歩いてみませんか。

覚王山は名古屋住みたい街ランキングの上位常連

毎年「名古屋住みたい街ランキング」が発表されますが、覚王山は上位常連組ですよね。今年2018年は名駅にトップの座を譲りましたが、昨年は堂々の1位ですし今年は2位。名古屋の住みたい街として不動の人気を誇っております。

(「名古屋住みたい街ランキング」は、不動産情報サイト「SUUMO(スーモ)」を運営するリクルート住まいカンパニー(東京)が名古屋市民アンケートをもとに発表しています。)

覚王山は栄から東山線で9分という抜群の利便性なのにもかかわらず、閑静で落ち着いた雰囲気が素敵です。2駅西にある今池と較べるとずいぶん街並みが変わります。池下あたりから泥臭さが抜けてきますね(笑)。

ランキング2位の覚王山に続いて3位が星が丘、4位は本山と千種区が強いですねー。ちなみに今池は16位です、あらら。今池も千種区だし、おススメなんですけどね!

えーと、住みたい街ランキングの話は別の機会にして、覚王山秋祭の話です。

毎月21日は「弘法さま」の縁日

覚王山といえば日泰寺。日本で唯一お釈迦様の遺骨を安置する寺なのだそうです。毎月21日には「弘法さま」で有名な縁日が立ち、寺の境内から参道はたくさんの屋台が並び参拝客で賑わいます。野菜、花、お菓子、漬物、鮮魚、服etc なんでもありの市場みたいで楽しいですよ!

参道賑わう覚王山祭り

「弘法さま」とともに参道が大賑わいするのが季節の覚王山祭り。春祭り、夏祭り、秋祭りと季節ごとにお祭りが開催され、アート & クラフトのフリーマーケット、ワークショップや音楽ライブが楽しめますよ。

日泰寺の参道は昔ながらのお店(定食屋やお団子、お好み焼きetc)や旅館もあれば有名スイーツ店やカフェもあり、アジア雑貨やエスニック料理もあるという、個性とバラエティにあふれた商店街だと思います。

お祭りの日は参道のお店はもちろんプラスでフリーマーケットが立つのでもっと楽しいです。長者町ゑびす祭りのクリエイターズ・マーケットはよく知られてますが、覚王山祭りのマーケットも負けてないですよ。昔からクリエイターズ的な屋台がたくさん出ていましたから。

揚輝荘も会場になってるよ

揚輝荘といえば松坂屋の初代社長15代伊藤次郎左衛門祐民によって昭和初期に建てられた別荘です。(調べて書きました(-_-;))

揚輝荘のHPです。

揚輝荘も会場になっていて着物の着付けイベントがあるようです。揚輝荘と着物のマッチングって「インスタ映え」のことですかね。インスタじゃなくても揚輝荘と着物は絶対映えると思います! 着付けされる方は受付が14:00までなので時間にご注意くださいね。

今週末は晴れるといいですね。天気予報は週末快晴で暖かくなりそうですよ。あくまで予報ですが。天気予報当たれ~! 私はフードエリアの屋台が楽しみです。

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西区庄内通のポカラと愛知県人はインド料理好きな件

こんにちは。インド料理が大好きなんです。

先週ですが西区でおいしいインド料理を食べてきました。

最寄り駅は庄内通のナマステ ポカラさんです。保護猫カフェ「ひだまり号」のすぐ近くでしたよ。週末に「ひだまり号」で子猫と触れ合った後ポカラさんでインド料理というのもいいですね。

ナマステ ポカラ(〒451-0015 愛知県名古屋市西区香呑町3-111-1)

庄内通駅1出口から徒歩約7分

電話番号 052-524-2550
営業時間 月~日、祝日: 11:00~14:30 (料理L.O. 14:30 ドリンクL.O. 14:30)17:00~22:00 (料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:00)

ポカラさんの周年記念で10月中はディナーセットがお得!とのことで友人に誘われ、行ってきました~。お店は周年記念イベント中ということで、いい感じで賑わってました。

※ サラダ スープ サモサ タンドリーチキン お好みのカレー ナン お好みのソフトドリンク で1100円ってすごくお値打ちじゃないですか⁉

ビールは別料金(生ビール480円)ですがビールがないと寂しいですからもちろん飲みます。ビールを頼むとサービスでパパドという豆の粉で作った揚げせんべいが付いてきます。

カレーは野菜カレー・中辛(上)と野菜ココナッツカレー・辛口(下)です。辛さは5段階から選べて嬉しい。もちもちのナンとよく合います。

写真がなくて申し訳ありませんがスープとサモサとソフトドリンクはちゃんと付いております。

おいしくて大満足でした。ここ数年名古屋にもたくさんインド料理屋さんできてますね。競争が激しいのか、どのお店もお値打ち価格でインド料理食べれるようになりました。個人的にはインド料理大好きなので嬉しいです。

タウンページがインド料理店について調べていました

タウンページが2017年に調べたところによると、インド料理店は人口約10万人当たりの登録件数で、

1位 東京、 2位 山梨、 3位 愛知県

なのだそうです。愛知県3位ですよ。たしかに今、名古屋市内のどこの街へ行ってもインド料理店ありますもん。郊外にもけっこうお店があるって聞きますし。インド料理大好きなので嬉しい話です。

1位は東京。10万人当たりで1位ということは相当数のお店があるんでしょうね。駅で降りて自分の家へ帰りつくまでに2~3件ぐらいあるとかね。山梨県は意外でした。IT系の会社がたくさんあってインド人技師がたくさん住んでるとか?

そして全国のインド料理店の登録数にについてなんですが、

2008年 569件  →  2017年 2162件

なんと10年で4倍近くに増えたようです。

ここ数年「なんだかインド料理屋さん増えたなぁ。」とぼんやり思っていたけど本当に増えていたんですね。しかも愛知県は全国3位のインド料理好きとは。

そういえば上で書いた庄内通のポカラさん、先月ランチで伺ったときは若いお客さんだけでなくシニア世代もたくさんおられました。みんなに愛されてるんですね♪

今日は大好きなインド料理について書いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お月見を楽しむ会 @城山八幡宮

こんにちは。

この週末のお天気は晴れ予想ですよ!

今週末は名古屋の秋を彩る最大イベント「第64回名古屋まつり」が予定されていますが、どうやらお天気の心配はなさそうですね♪

10月20日 お月見を楽しむ会 @城山八幡宮 

千種区の城山八幡宮では10月20日(土)「お月見を楽しむ会」が催されます。深まりつつある秋の夜にゆっくりと夜空の月を眺めてみませんか。

お月見スポットめぐり(15:00~16:30)参加費100円

お月見コンサート (17:00~18:00)

城山八幡宮エリアは古い昔から続くお月見の名所なのだそうです。江戸時代末期に刊行された「尾張名所図会」にも描かれているそうです。先人たちが後世に残そうとしたほどの名所であったんですね。

「尾張名所図会」ってなんでしょ? 検索したら出てきました。江戸時代末期から明治時代初期にかけて刊行された尾張国の地誌だそうです。

この「尾張名所図会」、なんとデジタルライブラリーで閲覧することができます。愛知芸術文化センター、愛知県図書館がネットで公開しております。

デジタルライブラリーはこちら → 尾張名所図会前編、 尾張名所図会後編

江戸時代末期のお月見は電灯などがなかった時代、夜空の月や星はこうこうと地上を照らし、人々は月光を楽しみながらも自然への畏敬の念を抱いたのではないでしょうか。

城山八幡宮は恋のパワースポットなのだ

城山八幡宮は夏祭り、盆踊り、お月見などなど季節のイベントを積極的に開催されているほか、御朱印集めでも人気の神社です。

そんな城山八幡宮はなんと恋の三社のひとつでもあるんですって。

高牟神社(名古屋市千種区今池1-4-18 JR・地下鉄千種駅より徒歩5分)

城山八幡宮(名古屋市千種区城山町2-88 地下鉄本山、覚王山より徒歩6分)

山田天満宮(名古屋市北区山田町3-25 JR・地下鉄・名鉄大曽根より徒歩7分)

高牟神社、城山八幡宮、山田天満宮が恋の三社でして、三社を回ってスタンプを集める「恋の三社めぐり」というイベントもあるそうですよ。

山田天満宮は学業の神様であり、宝くじが当たる!と有名なお宮さんですが恋のパワースポットでもあるんですね。

城山八幡宮の創建は1908年(明治41年)、でも

創建は1908年と言われていますが、実際は判断がむつかしいともいわれているそう。この土地は戦国時代の織田家とも深いかかわりあいがあったそうです。戦国時代の尾張で覇権が争われる中、織田信長の父、織田信秀が1548年現在の東別院あたりからこの地へ移住して末森城を築いたといわれています。

日中は御朱印をいただくもよし、恋の願掛けするもよし、神社の歴史を戦国時代に思いを馳せるもよし、日が暮れたらイベントやお月見で深まる秋を楽しまれるのはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

長者町ゑびす祭り2018に行ってきました

こんにちは。

長者町ゑびす祭りが終わりましたね。朝や夜に雨が降って心配しましたが開催時間は無事に天候に恵まれました。

昨日10月13日(土)長者町ゑびす祭りに行ってきました。天気もまずまずです。伺ったのは午後2時過ぎ、すでにたくさんのお客さんで賑わっていました。毎年10万人が訪れるという人気のお祭りなのだ。

山車は休憩中でした。

バンドのライブ。音楽ライブに関しては今池まつりに軍配を上げたい。

着ぐるみ隊登場。オカザエモンもいましたよ。

長者町グルメ屋台。かなり賑わっています。炭火でお肉を焼くいい匂いが、、道路の北側が屋台、南側のテントはイスとテーブルがセットされています。皆さんお店で買ったものをここで食べていました。クラフトビールもありましたよ。

それぞれにおいしそうです。

生ビールを売っているお兄さんから「今だけ1杯500円→300円ですよ!」とセールスされて買ってしまいました(笑)。生ビールおいしい(しみじみ)

前回猫ベッドを激安でゲットしたお店。今回はなくて残念。

猫ベッドはないけど、おそ松さんTシャツが300円!

これはフリーマーケットのお店。1足300円!安くないですか?

これもフリーマーケット。リボンやテープ、かわいい小物のお店。

繊維の問屋街とあって衣料品安い~。そして生ビールもごちそうさまでした。

暑くなく、寒くなくてちょうどよい季節。来年の開催も今ぐらいがいいですね。

丸の内キッチンのツリー。木製の飾りがとてもきれい。たくさんの人がカメラを向けていました。

楽しかった。また来年ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月19日 今池プロレスの雄の引退試合 ノリ・ダ・ファンキーシビレサスさん

こんにちは。

今池プロレスの雄が来週10月19日(金)の引退試合をもって、8年間のプロレスキャリアを終えリングを降ります。

彼の名はノリ・ダ・ファンキーシビレサス。今池プロレスのエース的存在。プロレスファン以外の方には2004年暮れのNHK紅白歌合戦に出場したNobodyknows+のメンバーといえばわかっていただけるかも。

Nobodyknows+ : 1999年に結成された名古屋が拠点の HIP HOP グループ。2004年NHK紅白歌合戦出場。代表曲「ココロオドル」「Hero’s Come Back!!」など。

ノリ・ダ・ファンキーシビレサスという人

どこの街にも「仕事やいろんな活動を通して街を盛りあげる人、街の功労者みたいな人」がいて、今池の場合は彼がまさにそういう人にあたると思います。今池栄誉賞なるものがあるとすれば、ぜひ彼が受賞してほしいです。

今池商店街主催の今池プロレスに8年間所属し、エースとして戦ってきた彼は地元の今池まつりでもプロレスファンを魅了し、夜の音楽ライブではNobodyknows+のメンバーとして会場を沸かせてきました。

今池生まれで紅白歌合戦にも出たレスラー

今池で生まれて育ったノリさんは子供のころから大のプロレスファン。2010年、地元で今池プロレスが発足した際にゲスト解説しただけでなく、なんと飛び入り参戦しました。それがきっかけで彼は今池プロレスに所属し、8年間のプロレス生活が始まりました。

芸能人が話題つくりに参加・・・という生易しいものではなく、ガチで立ち向かうというのがこの人のすごいところ。本格的に体力つくりや受け身のトレーニングから始めたそうです。全身全霊で取り組んでいるのは試合を見ればわかると思います。私も5回ぐらい試合見させていただいて、その迫力に圧倒されました。

バックドロップ決まるか?引退試合は10月19日

「元気で余力のあるうちに引退を。」そう望むノリさんの意向で10月19日の試合をもって引退が決まりました。

引退試合のタイトルは「愛プロレス博2018~紡ぐ」。タイトルにはこれまで応援してくれたファンへの感謝や、後輩たちへのエールの気持ちが込められているそうです。

「みんなの力で名古屋のプロレスを盛り上げてほしい。」そんなノリさんの気持ちが伝わってきます。

引退試合まであとちょうど1週間。どんな試合になるかな。

試合後の会場は感傷的でしめっぽい雰囲気にはならないと思います。派手で、賑やかで、騒がしくて、いつもの今池プロレスのような、そんな試合が好きです。ノリさんの得意技が決まればもっといいですね。勝つか負けるかはプロレスの神様の采配しだいでしょうか。

プロレスファンの方、今池ファンの方、そしてなんだか熱いものを見たい方、10月19日の引退試合へ足を運んでみませんか。

 

■「愛プロレス博2018~紡ぐ」
開催日:2018年10月19日(金)
会場:クラブ ダイアモンドホール
住所:愛知県名古屋市中区新栄2-1-9 雲竜フレックスビル西館5F
時間:開場18:30/開始19:00
料金:スーパーシート(最前列)7000円、リングサイド席 6000円、指定席A 5000円、 指定席B 4000円 ※ドリンク代別途500円必要
問い合わせ:052-332-6866
URL:https://nobodyknows-fc.com/contents/199975

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名駅で本格的ワインを気軽に楽しむ エノテカ ワインショップ

こんにちは。

名駅でとっても気軽にワインを楽しめるお店の紹介です。ワインの購入やテイスティングもできます。

ワインショップ エノテカ 大名古屋ビルヂング店

住所 〒450-6490 愛知県名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビルヂングB1F
TEL 052-414-6037  E-mail dainagoya_shop@enoteca.co.jp
営業時間 11:00~21:00

私は完全ビール派でワインのことはほとんどわからないのですが、以前に友達に誘われてお店に伺ったとき、とてもおいしくて楽しかったので迷わず再訪決定。

写真はお店の外から撮ったもの。右側に写っているところがバーカウンターです。以前に伺ったときはまだ「知る人ぞ知るお店」状態だったのですんなり座れました。

日曜日午後6時30分ごろにお店到着。お店も認知されてきたのか、今回は満席です。少し待ってようやく席がふたつ空きました。6席しかないのでこれから人気が出てきたら座れないかも。

丁寧で親切なスタッフさんが予約OKであることを教えてくれました。これからは予約して来店しようと思います。

大名古屋ビルヂング地下1Fのグルメ街にあります。

世界中から取り寄せたワインは高級物から普段使いのデイリーワインまで種類豊富。チョイスに迷ったらスタッフさんに相談してみてはどうですか。私たちも好みを伝えてスタッフさんに選んでいただきました。テイスティングできるものもありますよ。

「白ワインで少しだけ甘口、フルーティな感じ」でお願いしたら、スペインワインを選んでいただきました。フルボトル720mlで1600円(税別)。

おススメは店内購入したワインボトル代に1人500円追加してバーカウンターで飲むことです。ソムリエ資格者やソムリエ勉強中のスタッフさんがサーブしてくれるワインははっきり言って「う、うまーい‼」

きりっと冷えた白ワインがまずいはずがない。おいしすぎてテンション上がります。

おつまみのチーズ700円。中央のドライフルーツはイチジク、ぷちぷちしておいしいです。おつまみは他にナッツや生ハム、オリーブなどでだいたい同じ価格帯です。

おつまみの種類は多くないですが、あえてワインを楽しむためにメニューをしぼった感がします。ちゃんとボリュームがあって嬉しい。

飲み残したワインは持ち帰ることができます。

そう、持ち帰ることができますが、1時間もしないうちにきれいに飲んでしまいました。(笑) 次回を楽しみに今日はお会計します。サクッとワインを楽しんで、「また来ますね。」というのがいい感じ。

おすすめ点は、

※ 購入したワインをバーカウンターでいただくとすごくお値打ち。

※ ソムリエ資格者や勉強中のスタッフさんの丁寧で落ち着いた接客。

※ ワインについていろいろ教えてもらえる、テイスティングもできる。

※ ワイン詳しくなくても大丈夫、楽しめる。

2回目の来訪でしたが今回も満足でしたー。ごちそうさまでした。次回は予約をして伺おうと思います。

そして私と友人はこのあと名駅の夜の街へ消えていきました。もう1件飲もうか。